乗り物酔い

繰り返し曝露することで、乗り物酔いは軽快する?[UK編]

今回は、乗り物酔いに対して、繰り返し曝露で軽快するのか、繰り返し曝露の場合は時間間隔は重要かを検討した研究です。

マミー
マミー
乗り物酔いは、繰り返し曝露することで軽快するのでしょうか?そうでしたら、短期間で繰り返したほうがよいのでしょうか?

ユーキ先生
ユーキ先生
1990年くらいから、さまざまな研究がされていたようです。

Dr.KID
Dr.KID
論文を読んでみましょう

ポイント

  • 乗り物酔いの症状を軽減させるのは、繰り返し曝露の回数が重要なのか、時間間隔が重要なのかを検討した研究
  • 毎日〜1週間に1回の異なる間隔でしたが、大体同じ傾向が認められた
  • 時間間隔によらず、繰り返し曝露することが影響

参考文献

Characteristics of habituation to motion in a virtual environment. Displays 2008;29:117-23.

 2008年にUKから公表されたようです

繰り返し曝露することで、乗り物酔いは軽快する?[UK編]

研究の背景/目的

仮想環境(レーシングゲームなど)への没入は、乗り物酔いに似た症状を引き起こすことが知られています。

このような症状は、繰り返し浸ることで、一般的に有病率や重症度が軽減すると考えられています。

研究の方法

この乗り物酔いへの「慣れ」を定量化することを目的として、70人の被験者にそれぞれ10回ずつゲームに没入させました。

  1. 毎日:10人
  2. 2日に1回:10人
  3. 3日に1回:10人
  4. 4日に1回:10人
  5. 5日に1回:10人
  6. 6日に1回:10人
  7. 7日に1回:10人

の頻度で実施しました。
参加者は,ヘッドマウントディスプレイを介してPCのレースゲームを20分間プレイしました。

参加者は,曝露の前後に様々な乗り物酔いの症状を評価し,また,ゲーム中に1分間隔で倦怠感を評価した。

Dr.KID
Dr.KID
回転椅子ではなく、ゲームだったのですね。

研究の結果

10回の試行を終えた後、すべての被験者が、症状の有病率と重症度の顕著な減少を報告した。

結論

このように乗り物酔いへ慣れは,曝露の時間間隔に関係なく,すべての参加者グループで同じような性質のものであり,曝露時間間隔よりも曝露回数のほうが重要な要因であることが示された。

考察と感想

乗り物酔いへの「慣れ」は、短期間に繰り返したほうが改善しそうな印象でしたが、どうやらそうではなく、時間感覚というより回数のほうが重要なようです。

今回の研究では毎日〜1週間に1回の異なる間隔でしたが、大体同じ傾向が認められており、時間感覚によらず、繰り返し曝露することで軽快したようです。

Dr.KID
Dr.KID
回数が重要なのですね。

まとめ

乗り物酔いの症状を軽減させるのは、繰り返し曝露の回数が重要なのか、時間間隔が重要なのかを検討した研究でした。

毎日〜1週間に1回の異なる間隔でしたが、大体同じ傾向が認められており、時間感覚によらず、繰り返し曝露することで軽快したようです。

 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:目からはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2022/12/04 04:04:07時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST