公衆衛生

ワクチン接種直後に解熱薬を使用すると、発熱や不機嫌を予防するか?

  •  ワクチン接種後に赤く腫れ上がったり、熱が出るのが怖いです
  •  あらかじめ解熱薬を使用すると改善しますか?

ワクチン接種後には、痛みが生じたり、熱が出ることがあるため、解熱薬の使用を希望される方もいると思います。

また、あらかじめこういった副反応が起こらないよう「予防的に解熱・鎮痛薬を」と考える方もいるようですが、実際のところ予防効果は本当にあるのでしょうか。

アセトアミノフェンを使用した研究は複数あり、今回は、0歳の小児において、DTaPワクチン接種直後に使用した研究をご紹介します。

マミー
マミー
予防接種後の発熱が怖いので、解熱薬を使用しても良いですか?

ユーキ先生
ユーキ先生
論文によって結果はやや異なるようです。

Dr.KID
Dr.KID
一緒に読んでみましょう。

ポイント

  •  ワクチン接種後の解熱薬を予防的に投与することの是非を検討した論文
  •  発熱や著しい不機嫌のリスクは減る印象
  •  抗体獲得への影響は評価されていない
参考文献

PLoS ONE 6(6): e20102.

   アメリカで行われた研究です。

アセトアミノフェンは、ワクチン接種直後に使用すると、長期的に抗体価に影響するか?

研究の背景/目的

発熱は乳児のワクチン接種後によくみられる。

2件のランダム化比較試験で、百日咳ワクチン接種後の発熱予防におけるアセトアミノフェン予防の有効性が実証された。

しかし、米国において、乳児に推奨されている最新のワクチン接種後の発熱予防に対するアセトアミノフェン予防の評価は行われていない。

研究の方法

生後6週から9か月の小児を対象に1:1にランダム化し, 定期予防接種後にアセトアミノフェン(10~15 mg/kg)またはプラセボを最大五回投与した。

主要評価項目は、接種後32時間以内の直腸温が38°C以上であった。

副次アウトカムは,医療利用,乳児の不機嫌,親の仕事の喪失時間であった。

プラセボを投与されていた小児に発熱やアセトアミノフェンの追加投与が必要な症状がみられた場合には、親は治療割り付けの盲検解除を要請することができた。

Dr.KID
Dr.KID
直腸温なのですね。

研究の結果

38°C以上の体温が記録されたのは、アセトアミノフェンにランダム化された小児の14% (25/176) に対し、プラセボにランダム化された小児では22% (37/176) であった(相対リスク [RR] , 0.63;95%信頼区間,0.40-1.01)。

アセトアミノフェンにランダム化された小児は、プラセボにランダム化された小児よりも、不機嫌と報告されること(10%対24%) (RR, 0.42;95%信頼区間,0.25-0.70)、または割付を明らかにして解熱薬の治療を受けること(3%対9%) (RR, 0.31;95%信頼区間,0.11-0.83)と報告される可能性が低かった。

年齢層別解析において、生後24週以上の小児では、アセトアミノフェン群で38°C以上の発熱のリスクが低かった(13%対25%)。

結論

この比較的小規模な試験の結果は,アセトアミノフェンがワクチン接種後の発熱および不機嫌のリスクを低下させる可能性を示唆する。

考察と感想

2010年代に報告された研究ですが、この時期のワクチン接種において、アセトアミノフェンの副反応の予防効果を検討したことがない、というのが研究を行なった動機のようですね。

アセトアミノフェンまたはプラセボは、ワクチン接種後1時間以内に行われ、その後は4、8、12、16時間後に行われたようです。

Dr.KID
Dr.KID
かなり頻回の投与ですね。。。

  A P
N 176 176
発熱    
> 38度 14% 22%
> 39度 0% 2%
受診 3% 6%
ひどい不機嫌 10% 24%

発熱の頻度は少し減るかもしれないというデータですね。医療機関への急な受診は、そもそも少ないので比較が難しいようです。

抗体獲得への影響は評価されていないようです。

まとめ

今回は、アメリカで行われた研究で、ワクチン接種後の解熱鎮痛薬(アセトアミノフェン)の使用が、発熱などの副反応のリスクを軽減するかみています。

ワクチン接種直後に解熱薬を使用したグループは、発熱のリスクはやや低く、著しい不機嫌となる可能性も低かったようです。

一方で、この研究では、過去の研究で懸念されていた抗体獲得への影響は評価されていません。

 

 

まとめnoteもあります。

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

 

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、胃腸炎について、自然経過やホームケアについて解説をした絵本です。

 

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2022/05/27 21:02:53時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。