科学的根拠のある子育て・育児

学校での感染対としてのマスク着用とSARS-CoV-2の二次感染[アメリカ編]

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの際、マスクは広く使われている防御策である。 

先行研究では、マスクをすることが学校での二次感染の減少と関連するかどうかを評価することには限界があり、この論文で解析が行われたようです。 

ユーキ先生
ユーキ先生
小児へのマスクって結局どうだったのでしょうか。

Dr.KID
Dr.KID
一緒にそのテーマの論文を読んでみましょう。

ポイント

  • 261の幼稚園から高校までの地区(100万人以上の生徒と職員に相当)で行われた研究
  • 学校内での二次感染は、わずか(10%未満)
  • 未調整の分析では、ユニバーサル・マスキングは、任意のマスク着用と比較して、二次感染を72%減少させることに関連
参考文献

School masking policies and secondary SARS-CoV-2 transmission. Pediatrics. 2022

   アメリカで2022年に報告された研究です。

学校での感染対としてのマスク着用とSARS-CoV-2の二次感染[アメリカ編]

研究の背景/目的

COVID-19パンデミックの期間中、マスク着用は幼稚園から12年生(K-12)の学区において、学校内での感染を制限するために広く使用されている策である。 

マスク着用の影響を定量化しようとする先行研究では、学校内の総症例を評価している。 

しかし、マスク着用の政策の効果をより最適に定義する指標は、学校内感染、すなわち二次感染例である。 我々は、学校のコホートにおいて、さまざまなマスク着用の規則が二次感染に及ぼす影響を推定した。  

研究の方法

2021 年 7 月 26 日~ 12 月 13 日において、複数の州で前向きコホート研究を実施した。 それぞれの学区は、マスク着用の実施状況と毎週の感染データを報告した。 

コンタクトトレーシングを実施し、一次感染と二次感染の判定が可能な地区を組み入れ対象とした。 

マスク着用が二次感染に及ぼす影響を推定するために、quasi-Poisson regressionを使用した。 

Dr.KID
Dr.KID
ユニバーサルマスク、任意、部分的という分け方をしていたようですね。 

研究の結果

参加基準を満たした9州61地区の合計1,112,899人の生徒と157,069人の学校職員が参加した。 これらの地区から、一次感染40 601件、二次感染3085件が報告された。 

6地区が任意のマスク着用のポリシー、9地区が部分的なマスク着用のポリシー、46地区がユニバーサルマスク着用のポリシーを採用していた。 

未調整の解析では、調査期間中、任意でマスクしていた地区は、ユニバーサル・マスク地区に比べて二次感染率が 3.6 倍であり、市中感染症例 100 例あたり、ユニバーサル・マスク地区では 7.3 件の二次感染が予測されたが、任意マスク地区では 26.4 件の二次感染が予測された。 

結論

コホート全体での二次感染はわずかであった(総感染数の10%未満)。 

ユニバーサル・マスキングは任意のマスク着用と比較して二次感染の抑制と関連していた。 

考察と感想

時期的にはデルタ株流行のタイミングですね。 

対象となった年齢としてはK12ですから、幼稚園(5歳)と小学1年~高校3年の12年が相当します。 

地域で分けたpopulation levelのデータを使用しているようで、7割以上の学区はユニバーサルマスクとしていたようです。途中で変更した学区もあるようで、それも考慮しての解析でした。 

結果としては、二次感染の率は 
・ユニバーサル:7.3/1000一次感染例 
・任意:11.0/1000一次感染例 
・部分:26.4/1000一次感染例 

となっており、ユニバーサルマスクでの二次感染はかなり少なかったようです。 

研究のリミテーションとしては、population levelのデータなので、個人レベルでの交絡は対処できなかったり、それぞれの学区のポリシーが二次感染例の判定に影響している可能性(アウトカムの誤分類による情報バイアス)がありえます。  

Dr.KID
Dr.KID
マスク着用の効果そのものは過剰に評価されている可能性はあるかもしれません。 

まとめ

学校でのマスク着用に関して複数の州にまたがって行われた研究です。 

学校内での二次感染は、わずか(10%未満)であったようです。 

未調整の分析では、ユニバーサル・マスキングは、任意のマスク着用と比較して、二次感染を72%減少させることに関連していたようです。 

 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

 

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、胃腸炎について、自然経過やホームケアについて解説をした絵本です。

 

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2022/08/11 23:34:59時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST