乗り物酔い

乗り物酔い予防におけるショウガの効果[ブラジル編]

今回は、乗り物いに対してショウガは有効か、安全かを検証した前後比較研究の紹介です。

マミー
マミー
乗り物酔いに有効なお薬はありますか?

ユーキ先生
ユーキ先生
1990年くらいから、さまざまな研究がされていたようです。

Dr.KID
Dr.KID
論文を読んでみましょう

ポイント

  • ショウガ根が乗り物酔いの有効化を実験室で検討した前後比較試験
  • ショウガ根を使用したところ、旅行中に感じる乗り物酔いのスコアは軽快
  • 前後比較試験であり、RCTなどで有効性を再検証する必要はある

参考文献

Nunes CP, Rodrigues CC, Cardoso CAF, Cytrynbaum N, Kaufman R, Rzetelna H, Goldwasser G, Santos A, Oliveira L, Geller M. Clinical Evaluation of the Use of Ginger Extract in the Preventive Management of Motion Sickness. Curr Ther Res Clin Exp. 2020 Jun 15;92:100591. doi: 10.1016/j.curtheres.2020.100591. PMID: 32714473; PMCID: PMC7378854.

 2020年にブラジルから公表されたようです

乗り物酔い予防におけるショウガの効果[ブラジル編]

研究の背景/目的

乗り物酔いは、様々な状況で引き起こされ、主に吐き気と嘔吐を特徴とする。生姜は、化学療法に伴う消化器症状、つわり、術後の吐き気、乗り物酔いなどの治療に広く使用されている。

主要な研究目的は、乗り物酔いの治療における ショウガ(Zingiber officinale) 抽出物を評価することであった。

副次的目的は、治療前後の乗り物酔い評価質問票(MSAQ)スコアおよびサブスコアに対する治療効果を評価すること、および治療の忍容性を評価することであった。

研究の方法

Zingiber officinale 160 mg 抽出物(gingerols 8 mg を含む)を旅行前に経口投与した場合としなかった場合の乗り物酔いの転帰を評価するオープンラベル、単一群試験が行われた。

すべての患者が、少なくとも15分間の旅行後に、4回に分けてMSAQに回答した。

トリップ1(治療前)、トリップ2、3、4(試験薬による経口治療後)が行われた。

主要評価項目は、Trip 2、Trip 3、Trip 4において、治療前のスコア(Trip 1)と比較してMSAQで20点以上の改善を示した患者さんの割合としました。

副次的評価項目は、Trip2、3、4においてMSAQサブスコアの改善を示した患者の割合、治療関連の有害事象を示した患者の割合、治療前後の医師の評価スコアであった。

Dr.KID
Dr.KID
いわゆる前後比較ですね。

研究の結果

184名の患者を対象とし、174名が治療を完了した。MSAQスコアの合計が20点以上減少した患者は、Trips2、3、4でそれぞれ26.52%、29.89%、29.31%であった。

Trips2、3、4では、20点以上の改善を示した患者数に有意差はなかった(P = 0.9579)。トリップ2、3、4では、トリップ1と比較して、MSAQの合計スコアが有意に減少した(P < 0.0001)。

MSAQスコアの合計は、治療下で実施された各トリップで変化しなかった(P = 0.28)。

トリップ2、3、4では、トリップ1のスコアと比較して、すべての領域のサブスコアに有意な(P < 0.001)改善がみられた。

Visit 2 での医師の評価スコアに有意な改善がみられた(P < 0.0001)。

有害事象は 31 例で報告され、主に胃腸系に影響があった。
24名(13.04%)の患者が治療に関連すると考えられる有害事象を39件報告した。Visit 1と比較して,Visit 2では身体所見に大きな変化は認められなかった。

結論

これらのオープンラベル、歴史的対照試験結果は、無作為化、盲検化、プラセボおよび活性物質対照臨床試験の必要性を示唆するものである。

考察と感想

本文中には副作用の記載もあり、多いものから消化不良(26%)、げっぷ(26%)、頭痛(9%)、吐き気(7%)、不眠(5%)などがあげられていました。

先ほども記載しましたが、前後比較試験であるため、本当に「有効」であるかの判断はやや難しいように思います。というのも、乗り物酔いには「慣れ」がありますので、2回目、3回目の実験の際にスコアが改善する可能性があるからです。

Dr.KID
Dr.KID
RCTでよかった気がするのですが。。。

また、これまでの研究ではZ officinaleは1000〜2000mgほど使用していましたが、今回は160mg (gingerolとして8mg)とかなり少ないです。

今回の研究結果で有効性をいうのはやや無理があるように思うので、著者らの言う通りRCTが必要というのは同意です。

まとめ

ショウガ根が乗り物酔いの有効かを実験室で検討した前後比較試験となります。

ショウガ根を使用したところ、旅行中に感じる乗り物酔いのスコアは軽快したようです。

しかし、前後比較試験であり、RCTなどで有効性を再検証する必要はあるでしょう。

 

詳しいデータはnoteの方で執筆しています:

乗り物酔いとショウガついてまとめたnote

乗り物酔いにショウガは効くのか?|Dr.KID

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2022/05/27 21:02:53時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST