小児科

川崎病でのIVIG投与は10時間 それとも4日間?[アメリカ編]

  •  川崎病にIVIGをアスピリン

すでに医学生でも知っているようなことですが、この根拠がどこから来たのか知っている方、エビデンスの詳細を知っている方は意外と少ないのかもしれません。

今回の研究は、この方針に科学的な根拠となる論文の1つで、アメリカから報告されたものです。今回は10時間 vs. 4日間かけての投与での冠動脈病変のリスクを比較した論文です。

ポイント

  •  1991年に報告されたアメリカからのRCT
  •  IVIGを10時間 vs. 4日を比較
  •  短時間投与のほうは、14日以内の冠動脈病変は、リスク比にして半分ほどに
マミー
マミー
川崎病の治療ってなにがありますか?

Dr.KID
Dr.KID
過去の文献をみてみましょう。

 これも、アメリカから報告された、超有名な論文です。

 研究の概要

背景:

川崎病の急性期において、アスピリンを併用して、4日間静脈内ガンマグロブリン投与すると、冠状動脈病変の予防に安全かつ効果的であることが示されている。

高用量のガンマグロブリン単回投与による治療は、少なくとも標準レジメンと同程度に有効であると仮説をたてて、研究を行なった。

方法:

多施設ランダム化比較試験によって、急性期川崎病549人の患者を対象に研究が行われた。

対象者には、

  • ガンマグロブリンを2 g/kgを10時間かけて単回投与
  • ガンマグロブリンを400 mg/kgを4日間連続で投与

のいずれかにランダムに割り付けた。

両治療群はアスピリン(100 mg/kg/日を第14日まで、その後3~5 mg/kg/日)を投与された。

結果:

単回注入レジメンで治療された患者と比較して、 4日間かけて治療された冠動脈病変のリスク比は、

  • 2週間後:リスク比 1.94 [1.01-3.71]
  • 7週間後:リスク比 1.84 [0.89-3.82]

であった(患者の年齢および性別で調整)。

単回注入レジメンで治療された小児は、入院中の平均体温が低く(2日目、3日目)、平均発熱期間が短かった。

さらに、単回投与群では、血清アルブミンレベル、α1‐アンチトリプシンレベル、およびCRPを含む急性炎症のマーカーは、より早く正常化に向かった。

4日目にIgGレベルが低いと、冠動脈病変のリスクは高い傾向にあった。

副作用の発生率は2グループで同程度であり、全体では2.7%であった。

考察と感想

川崎病の急性期の治療の違いによる有効性の違いを検討しています。

IVIGは、かつては4〜5日かけてゆっくり投与だったようですが、短時間での単回投与のほうが成績がややよく、現在ではこちらが標準治療となっています。

日本では、1日かけて投与する施設が多い印象ですが、アメリカでは10時間で投与のようですね。このあたりは、医療保険での入院期間の縛りなどもあるのでしょう(知り合いの米国人医師話によると、アメリカの川崎病の入院では48時間以内に退院のようです)

まとめ

川崎病に免疫グロブリン投与は、4−5日かけた投与より、10時間で投与するほうが成績がよさそうである、と示唆されたアメリカからのランダム化比較試験でした。

 

created by Rinker
弘文堂
¥2,090
(2020/09/22 13:55:21時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの書籍(医学書)

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

新刊(医学書):小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/09/22 06:04:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。