新型コロナウイルス

小児のCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の情報(3月8日版)

今回は、中国からの報告例で、妊娠中の女性が新型ウイルスに感染した場合の経過が記載された3例の症例集積です。

結論から言うと、3例とも新生児に感染することなく、無事経過したようです。

ポイント

  •  新型コロナウイルスに感染した妊娠中の女性3例
  •  いずれも新生児には感染なし
マミー
マミー
妊娠している女性が新型コロナウイルスに感染した場合の報告はありますか?

Dr.KID
Dr.KID
いくつかありますが、今回は3症例の報告があったので、そちらを紹介します。

参考文献

Chen S, et al. Pregnant women with new coronavirus infection: a clinical characteristics and placental pathological analysis of three cases

感染者の推移 (3/7):

  •  世界:101,165人
  •  中国:80,651人
  •  日本:414人
  •  韓国:6593人
  •  イタリア:4636人
  •  イラン:4747人

イランがすごい勢いで増えていて、イタリアの感染者数を上回りました。気づけば、ヨーロッパの国々も増加傾向にあります。ドイツ・フランスが600名前後に増加しています。 

  新型コロナウイルスに感染した妊婦3例

今回は、中国の医学雑誌で報告された、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の妊婦と新生児3例を見ていきましょう。

 概要

妊娠中に新型コロナウイルス(2019-nCoV)に感染した3例の報告です。いずれの症例も、緊急で帝王切開となっています。

新生児の咽頭ぬぐい液をPCRで検査していますが、3例ともPCRは陰性だったようです。また、胎盤の感染兆候がないかも確認していますが、特に感染を示唆するような所見はなかったようです。

出生後、母子ともに健康上の大きな問題はなく過ごせているようです。

 感想と考察

今回は3例の報告ですが、過去の文献を参考にしても、今のところ垂直感染の報告例はなさそうですね。

1例報告ですが、早産+帝王切開の報告は昨日行いました:

小児のCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の情報(3月7日版)今回は、中国からの報告例で、妊娠中の女性が新型ウイルスに感染した場合の経過が詳細に記載されていました。 結論から言うと、早産で帝王切開...

以前、正期産のコロナウイルス感染症例の報告もありましたが、こちらでも垂直感染はなかったようです。

小児のCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の情報(2月22日版)昨日に調べたこと、新しく知ったことを、こちらに記しておこうと思います。 成人に関しては、ツイッターや公的機関からの報告は増えていますが...

こちらの報告では、母乳からもウイルスは検出されなかったという結果でした。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が騒動になって1ヶ月以上になりますが、小児に関しては、徐々に情報が増えてきた印象です。現時点で分かっていることをまとめると、以下の通りです:

Dr.KID
Dr.KID
本日の症例報告を加えました。

まとめ

今回は、

  •  中国と日本の感染者数の推移
  •  新型コロナウイルスに感染した妊婦の3症例

についてアップデートさせていただきました。

引き続き、新しい情報、過去の文献を読み込んだら、報告させてもらおうと思います。

森戸やすみ先生が新しい書籍を出すようですね↓↓

created by Rinker
内外出版社
¥1,540
(2020/09/24 05:02:11時点 Amazon調べ-詳細)

ホームケア解説本はこちら↓↓

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。