新型コロナウイルス

小児のCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の情報(2月27日版)

今日は、Lancet Infectious Diseaseに掲載されている、家族内での感染の症例集積研究です。

ポイント

  •  中国と日本の感染者数の推移
  •  家族内での症例集積
マミー
マミー
新型コロナウイルスは、家族内でも感染しますか?

Dr.KID
Dr.KID
データに目を通したので、1つずつ見ていきましょう。

中国と日本の感染者数の推移

中国と日本の感染者数の推移は以下の通りです (2/25時点)
  •  世界:80,961人
  •  中国:78,064人
  •  日本:172人

大半が中国で占められていますが、世界全体では8万人が報告されていますね。

 中国の累積感染者数の推移

中国では、もうすぐ8万人に差しかかろうとしていますが、徐々に新規感染者は鈍化してきて、頭打ちになってきている印象です。ここのところは、8万弱がずっと推移していますね。

図のY軸のスケールを対数化させたグラフが右側です。感染者数の増加速度は、徐々に鈍化してきている印象です。

日本の累積感染者の推移

日本の患者数の推移は以下の通りです:

この図を見てしまうと、まだまだ上昇トレンドにありそうで、勢いは増してきている印象で、これから急速に増えてくるかもしれません。

右の図は、Y軸を対数化しています。累積数が100人を超え、上昇トレンドになるのが分かります。

韓国で感染者数が1,146人を超えたという報告も出ているようです。シンガポールは90人、イタリアが300人を超えています。 
また、アメリカなどを含め、渡航制限が今後どうなるかも注目しています。現在はアメリカは日本に対してレベル2「高齢者や慢性疾患のある人は、不要な渡航を控え、延期するよう推奨」の設定のようです。
韓国に対しては、さらにレベル3に引き上げられています。

 家族内での集団感染

Lancet Infectious diseaseから発表された家族内での集団感染です。

 概要

これまでも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の家族内の集団感染は複数報告されていますが、今回は、三人中一人だけ症状があり、後の二人は全く症状はないものの、PCR陽性という結果が出ている点がユニークだったようです。

三人家族で、父・母・長男の構成で、武漢への旅行歴があったようです。

35歳の父が、微熱、咽頭痛、筋肉痛で病院に受診したところ、PCRでCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症)と診断されたようです。
CTでは特徴的な所見があり、血液検査はリンパ球減少が認められています。

一緒に過ごしていた家族である、母と長男は無症状で、血液検査、CTを撮影しますが、どちらも異常はなかったようです。しかし、PCR検査をしたところ、新型コロナウイルス(2019-nCoV)が陽性だったようです。

Dr.KID
Dr.KID
家族内での集団感染の場合、小児は無症状か、感染しなかった例が多い印象ですね。

 感想と考察

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が騒動になって1ヶ月以上になりますが、小児に関しては、まだ情報が足りていない印象です。

現時点で分かっていることをまとめると、以下の通りです:

Dr.KID
Dr.KID
上述の症例集積の一部(小児)をリストに入れています。

まとめ

今回は、

  •  中国と日本の感染者数の推移
  •  中国での家族内の症例集積

についてアップデートさせていただきました。

引き続き、新しい情報、過去の文献を読み込んだら、報告させてもらおうと思います。

created by Rinker
手ピカジェル
¥1,699
(2020/11/26 08:08:46時点 Amazon調べ-詳細)

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。