小児科

尿素の外用薬について[システマティックレビュー]

現時点ではアトピー性皮膚炎など多くの皮膚疾患での治療の基本は保湿とステロイド外用薬です。

保湿剤の1つとして尿素入りの製剤がありますが、有効性についてはどうでしょうか。

今回は、この点について言及した論文を紹介します。

マミー
マミー
アトピー性皮膚炎などで使用される外用薬って安全ですか?

ユーキ先生
ユーキ先生
古くから沢山の研究があります。

Dr.KID
Dr.KID
一緒に見てみましょう。

ポイント

  • 尿素の外用薬に関するシステマティックレビュー
  • 軽度の刺激が最も一般的な有害事象

   2013年に発表されたようです

尿素の外用薬について[システマティックレビュー]

研究の背景/目的

尿素は有機化合物の一種で,100年以上前から皮膚疾患の治療に用いられてきた。

尿素は強力なエモリエントであり,角質溶解剤でもあるため,乾燥肌やうろこ肌に関連した症状の単剤療法として有効である。

皮膚科疾患の治療における尿素のエビデンスに基づいた応用例を臨床家に提供するためには、文献の系統的なレビューが必要である。

研究の方法

“urea”と”skin”,”ichthyosis”,”psoriasis”,”xerosis”,”emollient”,”onychomycosis”,”dermatitis”,および “avulsion “を組み合わせた用語を用いてPubMed検索を行った。

合計81の出版物が組み入れ基準を満たし、評価されました。

治療適応、試験薬、被験者数、治療プロトコル、結果、副作用を記録した。

Dr.KID
Dr.KID
意外と発表された論文が多いですね。

研究の結果

魚鱗癬,乾皮症,アトピー性皮膚炎・湿疹,接触性皮膚炎,放射線誘発性皮膚炎,乾癬・脂漏性皮膚炎,爪白癬,足白癬,角化症,掻痒症,ジストロフィー爪などに対して尿素の有効な治療法が報告されている。

さらに、尿素は浸透促進剤として他の薬剤と併用されています。

軽度の刺激が最も一般的な有害事象であり、尿素は全身毒性のない安全で許容範囲の広い外用薬であることが証明された。

結論

尿素は安全で効果的な皮膚科治療薬であり、幅広い臨床的有用性を持ち、全身性の副作用も少ない。

患者のケアを最適化するために、皮膚科医は尿素の適応と有効性について十分な知識を持つべきである。

考察と感想

尿素の歴史は1世紀以上あり、意外と長いようですね。

尿素は、生理的に、尿素は窒素を含む生成物の代謝と排泄に重要な役割を果たしています。

尿素が最初に報告されて以来、無数の皮膚疾患に対する尿素の治療的役割について、多くの文献があり、今回はそれをまとめたレビューのようですね。

Dr.KID
Dr.KID
オープンアクセスでしたので、ご興味のある方は読まれても良いかと思いました。

まとめ

この研究では、尿素は安全で効果的な皮膚科治療薬であり、幅広い臨床的有用性を持ち、全身性の副作用も少ないと報告されています。

接触性皮膚炎やアトピー性皮膚炎を対象に行われた研究も多数あるようで、この論文を元に個々の文献も参照してみようと思います。

 

アトピー性皮膚炎のおすすめ本はこちら:

created by Rinker
内外出版社
¥1,650
(2021/11/27 12:43:04時点 Amazon調べ-詳細)

保護者も医療者も、まずこの1冊!

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2021/11/27 12:41:45時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。