トラネキサム酸

トラネキサム酸(トランサミン®︎)は小児のかぜに有効か?【日本】

前回はトラネキサム酸(トランサミン®︎)の一般的な内容について解説してきました。

トラネキサム酸(トランサミン®︎)と小児のかぜについて今回はトラネキサム酸(商品名:トランサミン®︎など)について解説をしていきましょう。 この薬は、1962年に岡本彰祐と岡本歌子により日...

英文の医学雑誌では小児のかぜにトラネキサム酸(トランサミン®︎)の有効性を検討した論文はなさそうで、(おそらく)イタリア語と日本語でありそうという結果でした。
ありがたいことに、日本語の論文を送っていただいたため、そちらの概要を報告させていただきます。

参考文献

Toba T. Clinical Evaluation of K-CW, Common Cold Drug Containing Tranexamic Acid, in Pediatric Patients. 薬理と治療. 1990;18:569–578.

研究の方法

今回の研究はケースシリーズ(症例集積)で、1990年に千葉のとある病院にかぜで受診をした7〜14歳の小児を対象に行われました。

  •  抗菌薬の投与が不要
  •  重篤な合併症なし
  •  薬物アレルギーなし

のない20名の小児が対象となっています。

使用した薬剤

こちらの研究で使用されたのはK-CWというカプセルで、いわゆる総合感冒薬です。成分は;

  •  アセトアミノフェン(解熱剤)
  •  トラネキサム酸
  •  クロルフェニラミン(抗ヒスタミン薬)
  •  チペジピン(咳止め)
  •  メチルエフェドリン(充血除去薬)
  •  リゾチーム
  •  カフェイン

が含まれています。

アウトカムについて

薬の投与開始前後で、

  •  重症度:1〜3点
  •  各症状:0〜3点
  •  発熱:0〜3点
  • とし、それぞれの点数の変化をみています。

改善  
著明 3→0、2→0
中等度 3→1、1→0
軽度 3→2、2→1
不変 同じスコア
悪化 スコア悪化

と判断しています。

研究の結果と考察

こちらで症状の全般的な改善度をみています(表は論文より拝借)

さらに細かい症状をこちらで検討しています。

再受診し評価したのは4−5日後だったようですが、全身状態や鼻・喉の所見をみて改善していたようです。
これらから、総合してトラネキサム酸(トランサミン®︎)を含むこのカプセルに有用性がありそうと論じられていました。

考察:症例集積では有効性を論じることはできない

この結果を見て違和感を感じた人も多いと思います。
なぜなら、この研究にはコントロール(治療を受けていない人)がいないからです。
「有効性」を論じる場合、何と比較してが重要で、

  •  トラネキサム酸(トランサミン®︎)を含む薬を使用したグループ
  •  トラネキサム酸(トランサミン®︎)を含む薬を使用しないグループ

の2つで比較検討する必要があります。

Dr.KID
Dr.KID
有効性を検討するとは、基本的には2つのグループを比較する、相対的な評価です。

コントロールがいない場合、

  •  かぜの自然経過で治ったのか
  •  薬が有効であったのか

の両者を区別することができなくなります。
なぜなら、4−5日あればかぜの症状は一般的に随分と軽快するためです。

Dr.KID
Dr.KID
「使った・治った・効いた」の三た論法がダメな理由です。

まとめ

こちらの症例集積研究では、トラネキサム酸(トランサミン®︎)を含む薬剤が小児のかぜに有効であると論じられていましたが、コントロール群がなく有効性を示唆することは難しいと思いました。

薬の有効性なのか、自然軽快なのかを区別できる研究デザインが必要と言えます。

研究の要点

有効性を評価するには適切なコントロール(対照群)が必要

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。