トラネキサム酸

トラネキサム酸(トランサミン®︎)は喉の炎症を軽減させるのか?

日本語の論文でも良いので、トラネキサム酸(トランサミン®︎)の有効性を検証した論文を見たいと探したところ、以下の論文がヒットしたため、ピックアップしました。

参考文献

Kanzaki, et al. Clinical Evaluation of K-AT on Tonsillitis and Pharyngo-Laryngitis-Double Blind Comparative Study with Acetaminophen-薬と治療.1990;18:521-535

前回の記事では、有効性の検証を試みた論文でしたが、研究デザイン上はその解釈が困難でした。

トラネキサム酸(トランサミン®︎)は小児のかぜに有効か?【日本】前回はトラネキサム酸(トランサミン®︎)の一般的な内容について解説してきました。 https://www.dr-kid.net/tra...

今回は国内で行われたRCTを見つけたためこちらで紹介します。

研究の方法

今回の研究は、

  • 15歳以上
  • 扁桃炎・咽頭炎・喉頭炎
  • 抗菌薬・化学療法は不要
  • 合併症なし
  • 妊婦・授乳中でない

を対象に研究が行われました。治療は、

  • アセトアミノフェン
  • アセトアミノフェン + トラネキサム酸

のいずれかをランダムに割り付けて、有効性を検証しています。

アウトカムの評価

アウトカムは、治療開始3日後、治験終了日(4−5日後)に、

  •  喉の痛み、違和感
  •  嗄声
  •  悪寒
  •  扁桃・咽頭の発赤・腫脹
  •  発熱

などを中心に見ています。
症状の重症度は0点が症状なし、3点が高度となっています。

    改善度という指標も取り入れて、
改善  
著明 3→0、2→0
中等度 3→1、1→0
軽度 3→2、2→1
不変 同じスコア
悪化 スコア悪化

と判断しています。

研究結果と考察

合計129人が参加し、

  • アセトアミノフェン(64例)
  • アセトアミノフェン + トラネキサム酸(65例)

の内訳となりました。追跡不能となった症例が多かったようです。

  A A+T
最初 64 65
3日後
評価欠損
22 28
完全症例 20 18
Dr.KID
Dr.KID
ランダム化をしても追跡不能(欠損値)の症例が多いと選択バイアスを招くことがあり、治療効果が正しく推定できなくなります。

3日後と5日後の有効性について

3日後と5日後の評価が行われ、著者らは「3日後には有効性なし、5日後には有効性あり」と判断しています。

まず、P値のカットオフが0.10になっており、この理由が十分説明されていません。
また、解析方法も、中等度・軽度とカットオフを決めたり、順位和検定をするのでなく、2 x 5 tableのまま解析した方が良いと私は考えました。

例えば同様の結果をFisher’s exact testで2グループ全体を解析すると、上記の通り有意差はありません。

症状別の改善度について

様々な項目を検定していますが、こちらの表は文献の一部方抜粋しました。

例えば嚥下痛の改善度が有意差ありとしていますが、こちらも2群を同時に検定する方が良いと思いました。

やはりこちらの結果も統計学的な有意差はありませんでした。

多重検定の補正について

こちらの論文ですが、100以上の仮説検定が行われています。
全て同じP値のカットオフ(α=0.05)で行なった場合、偽陽性を拾ってしまう場合があります(真に差はないが、有意差ありとしてしまうこと)。

このように複数回の仮説検定をする場合、P値のカットオフを変更する必要があります。
例えば、簡便な方法としてBonferroni法があり、これは単純でP値のカットオフを100で割り、α(有意水準) = 0.0005まで下げてしまう方法です。

Dr.KID
Dr.KID
明確な基準はありませんが、雑誌の好みや、査読者によっては多重検定の補正をするように指示する場合があります。

まとめ

今回は成人においてトラネキサム酸の有効性が検証されています。

著者らは3日の内服では有効性なし、5日後には有効性ありと判断しています。

しかし、追跡不能が多い、統計学的な検定方法にやや疑問が残るため、必ずしも有効性があるとは限らない結果でした。

論文の結果を解釈するときは、「統計学的な有意差」や「P値」を見るだけでなく、どのようなデザインが組まれ、どのように解析され、どのような欠点のある研究かを見極める必要があります。

まとめ

臨床研究を解釈するとき、

  •  研究デザイン
  •  統計手法の妥当性
  •  バイアス(選択バイアス・交絡など)

から総合的に判断することが必要です。 Dr.KID

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。