小児科

小児の急性ITPの診断に、血小板関連抗体の検査は有用なのか?[カナダ編]

ITPの診断は基本は臨床診断ですが、抗血小板関連抗体の存在は、以前から言われています。

今回は、この検査が診断の一助になるか、感度・特異度の観点から見ています。

マミー
マミー
小児のITPの診断ってどう行うのですか?

Dr.KID
Dr.KID
過去のエビデンスをみてみましょう。

   ITPはかつて特発性血小板減少性紫斑病 or 免疫性血小板減少性紫斑病、その後、免疫性血小板減少症と呼び名が変わっています。

 研究の概要

 背景・目的

ITPは、自己抗体により感作された血小板が網内系により破壊される疾患である。

血小板関連IgG (PAIgG) を測定するアッセイは感度はそこそこ高いが、特異度が低いことが知られている。このため、ITPの診断は臨床的に行われている。

この研究では、特異的血小板糖蛋白質 (GP) に対する抗体を測定するアッセイは、特異度を改善される可能性があるという新たな情報を提供する。

方法

この報告では、 2種類の前向き試験を報告する。

最初の研究では、 81人(49名はITP; 32名は非免疫性の血小板減少)の患者検体でGP IIb/IIIaに対する自己抗体の存在を探す2種類の蛋白質特異的分析(ACおよびMAIPA)を比較した。これらの結果をPAIgGの免疫放射定量分析と比較した。

2つ目の研究は、 76名の患者試料における抗GP Ib/IX自己抗体測定の増強感度を検討した。

結果

検査 感度 特異度
蛋白質特異的分析 39% 91%
PAIgG分析 78% 19%

蛋白質特異的分析は、免疫と非免疫血小板減少症を区別できたが(特異度91%、感度39%)、 PAIgG分析は区別できなかった(特異度19%、感度78%)。

Ib/IX ACアッセイの追加は92%の特異性を維持し、診断感度を66%に増加させた

PAIgGアッセイとは異なり、糖蛋白質アッセイを用いた検査は、血小板数とコントロールが陽性となる可能性の間に相関は認めなかった。

結論

これらの研究は、糖蛋白質アッセイがITPの診断テストとして使用できることを確認する。

考察と感想

最初の研究では、N = 81 (49 vs. 32)で検討を行い、感度・特異度は以下の分布のようです。

  感度 特異度
AC 39% 91%
MAIPA 39% 91%
IRMA 78% 19%

(*AC = antigen capture: MAIPA = monoclonal antibody immobilization of platlet antigens; IRMA = immunoradiometric assay for PAIgG)

次の研究では、N = 82 (56 vs. 26)で検討を行い、感度・特異度は以下の通りです。

  感度 特異度
Anti IIb/IIIa 57% 96%
Anti Ib/IX 50% 96%
両方使用 66% 92%

それぞれの感度、特異度も本文中には記載されていました:

Dr.KID
Dr.KID
特異度はまずまずですけど、単独だと感度は低いですね。

著者らは感度が上がったとは言ってますが、実際はかなり低いですね。

まとめ

今回は、免疫性の血小板減少において、血小板関連抗体の感度・特異度を、異なるアッセイで見ています。

抗 IIb/IIIaやIb/IX抗体に関しては、特異度は高いですが、感度は低い傾向のようでした。2つ組み合わせても感度は66%程度です。

 

created by Rinker
¥4,950
(2023/09/29 20:21:57時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2023/09/30 12:40:42時点 Amazon調べ-詳細)

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。