科学的根拠のある子育て・育児

食事中の保護者のモバイル機器は、保護者と子供の関わりに影響するか?[アメリカ編]

スクリーンタイム(テレビなどの画面の視聴時間)について、18〜24ヶ月未満の乳幼児は、基本的に設けないことが推奨されています。なた、2〜5歳に関しては、1時間未満が良いとされています。

今回の研究では、スクリーンタイムと集中力の持続時間の関連性を検討しています。

ポイント

  • 食事中のモバイル機器の使用が、子供と保護者の相互作用にどう影響したかを検討
  • 食事中にモバイル機器を使用していると、親子の会話や非言語的な相互作用が減る傾向にあったよう
マミー
マミー
食事中の保護者のスマホいじりってまずいでしょうか?

Dr.KID
Dr.KID
親子での会話や相互作用が減るという報告もあるようです。過去の文献をみてみましょう。

スクリーンタイムは、米国小児科学会は2016年の改訂で、2歳未満は0時間(みせないこと)、2〜5歳は1時間までを推奨しています。テレビなどを観る際も、保護者と一緒にみることを推奨しています。

オーストラリアも似たような方針を出しています。

 研究の概要

背景・目的:

この研究では、構造化された実験室において、母親と子供の相互作用の頻度と母親のモバイルデバイス使用の関連性を検討した。

方法

低収入家庭の母子225組が対象であった。

6歳以下の小児とその母親を、なじみのあるも/やなじみのないものを食べさせられたとき、どのように相互作用するかを観察した。標準化されたプロトコルをして、ビデオ撮影が行われた。

ビデオテープから、自発的にモバイル機器を使用したか否かに基づいて母親を二分し、子供に対する母親の言語的および非言語的特徴を計測した。

多変量Poisson回帰を用いて、モバイル機器の使用と、異なる食品に対して迅速に摂食する頻度との関連を検討した。

Dr.KID
Dr.KID
会話した回数や単語など0以上の整数をしているので、Poisson回帰分析を使用したのではないでしょうか。

結果:

母親は平均31.3歳(SD 7.1)で、 28.0%はヒスパニックであった。

経過観察の間、 23.1%の母親が自発的にモバイルデバイスを使用した。

デバイス使用は、年齢、人種/民族性、教育、抑うつ症状または育児スタイルを含む母体特性と関連しなかった。

デバイスを使用しなかった母親と比較して、デバイスを使用した母親は、子供との会話での相互作用(RR 0.80 [95%信頼区間:0.63, 1.03])および非会話での相互作用(0.61 [0.39、0.96])が少ない傾向にあった。

この関連は、最も不慣れな食物であるハルヴァ(口頭の場合は0.67 [0.48、0.93]、非口頭の場合は0.42 [0.20、0.89])の導入時に最も強かった。

結論

モバイル機器の使用の割合は少なくはなく、食事中の親子の相互作用を少なくする傾向があった。
特にこの相互作用の低下は、非言語的な相互作用や、不慣れな食物の導入中にその傾向がみられた。

モバイル機器の使用が、自然主義的な文脈において親子の関わりにどのように影響するかを理解するために、さらなる研究が必要である。

考察と感想

恥ずかしながら、ハルヴァという食べ物を知らなかったです。イスラエルの郷土菓子のようですね。

食事中にモバイル機器を使用していると、親子の会話が少なくなる傾向にあったようですね。実際にモバイル機器の使用の有無で比較をすると、11.1語 vs. 14.1語と、モバイル機器を使用すると言葉数が減ってしまうようですね。

会話以外にも、不慣れな食事を食べるように奨励したり、言語以外での関わり合いも減ってしまったようですね。

Dr.KID
Dr.KID
食事中に携帯を使うと、こどもとの会話が減ってしまうのは自然なことのようにも思います。

まとめ

今回は、食事中のモバイル機器の使用が、子供と保護者の相互作用にどう影響したかを検討しています。

食事中にモバイル機器を使用していると、親子の会話や非言語的な相互作用が減る傾向にあったようです。

 

乳幼児のスクリーンタイムの考え方をまとめたnoteはこちらになります↓↓

スクリーンタイムのまとめnote

乳幼児のスクリーンタイムの考え方

created by Rinker
¥1,584
(2021/08/03 15:26:39時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDが執筆した医学書:

小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2021/08/03 10:37:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。