科学的根拠のある子育て・育児

教育的でない番組の視聴時間が長いと、行動面で問題がでやすい?[アメリカ編]

スクリーンタイム(テレビなどの画面の視聴時間)について、18〜24ヶ月未満の乳幼児は、基本的に設けないことが推奨されています。なた、2〜5歳に関しては、1時間未満が良いとされています。

この理由の1つとして、小児の発達に与える影響が挙げられます。。

「教育用」とされた乳幼児向けのコンテンツには、「言語・論理・思考」などに役立つなどと題されていますが、その科学的な評価は不十分です。

乳幼児は、テレビ番組などスクリーンタイムが長すぎると、その時間は保護者との交流・双方向性の教育の機会が奪われてしまう可能性があります。

今回は、その点を見た論文をご紹介します。

ポイント

  • アメリカのヒスパニックを対象に行われたコホート研究

  • 2歳時点でスクリーンタイムが長いと、3歳時点での外在化の行動面での問題のある可能性が高まる傾向

  • 特にこの傾向は、教育的でない番組をみている小児で認められた

マミー
マミー
スクリーンタイムってどうなのでしょうか?

Dr.KID
Dr.KID
過去の文献をみてみましょう。

スクリーンタイムは、米国小児科学会は2016年の改訂で、2歳未満は0時間(みせないこと)、2〜5歳は1時間までを推奨しています。テレビなどを観る際も、保護者と一緒にみることを推奨しています。

オーストラリアも似たような方針を出しています。

 研究の概要

背景・目的:

3歳未満の小児において、メディア暴露と行動との関連性を評価した研究は限られている。

幼児において、メディアコンテンツに依存して関連性がどう変化するかを評価した。

方法:

出生から生後33か月まで追跡した、ラテン系母子のコホート研究のデータを用いて、二次分析を行った。

24時間の想起日記を用いて、 21か月と33か月でのメディア曝露を評価した。

幼児の行動は、子供行動チェックリストを用いて、生後33か月時点に評価した。

Dr.KID
Dr.KID
the Child Behavior Checklist を使用したようですね。

結果:

この分析は、 99の親子が対象となった。

多重ロジスティック回帰分析で、母親の教育、出身国、抑うつ症状、育児プログラムへの参加、および子供の難しい気質を調整した結果によると、「21か月の総メディア曝露時間」ならびに「漫画などの非教育的な幼児メディアへの21か月および33か月の両方の曝露」は、子供の行動チェックリストの結果と関連を示した。

メディアへの暴露は、攻撃的な行動や外在化(怒り、攻撃性など)の問題と、最も一貫して関連していた。

結論:

メディアへの曝露は、ラテン系の幼児において、外在化の行動(怒り、攻撃性)と関連しており、幼児向けのメディアに対して最も強い関連があったが、教育コンテンツはなかった。

これらの知見は、幼児の両親と小児科医の両方にとって、ガイダンスを提供する上で重要である。

考察と感想

観察研究の結果を解釈する時に、時制の考慮は重要です。例えば、この研究ですと、

  1.  21ヶ月時点でのテレビ視聴時間
  2.  33ヶ月時点でのテレビ視聴時間
  3.  33ヶ月時点での行動チェックリスト

の3つの情報がありました。「AがBに与える影響(A→B)」を推定する場合、AはBより前の時点で起こっている必要があります、このため、1と3を使用して調査をします。

2と3を比較した場合、行動に問題のある小児がテレビ視聴時間が長いのか、テレビ視聴時間が長い子供が行動面で問題を出しているのか、どちらが先で、どちらが後かは厳密にはわからなくなります。

Dr.KID
Dr.KID
このため、temporality (時制)は疫学研究では非常に重要です。

まとめ

今回の研究は、アメリカのヒスパニックを対象に行われたコホート研究です。

2歳時点でスクリーンタイムが長いと、3歳時点での外在化の行動面での問題のある可能性が高まる傾向にあったようです。

特にこの傾向は、教育的でない番組をみている小児で認められました。

 

created by Rinker
¥1,584
(2020/10/30 06:21:04時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDが執筆した医学書:

小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/10/30 06:21:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST