乗り物酔い

乗り物酔いへ慣れることはあるのか?[イギリス編]

今回は、乗り物酔いに対して、繰り返しの曝露や呼吸のコントロールによって「慣れ」が促進されるかどうかを検討した研究した論文をご紹介します。

マミー
マミー
乗り物酔いって、「慣れ」でよくなるものでしょうか?

ユーキ先生
ユーキ先生
確かにそう言われても。。。

Dr.KID
Dr.KID
論文を読んでみましょう

ポイント

  • 乗り物酔いに対して、繰り返しの曝露や呼吸のコントロールによって「慣れ」が促進されるかどうかを検討した研究
  • 乗り物酔いをシミュレートした動きに繰り返し曝露すると慣れる傾向にあった
  • この傾向は呼吸をコントロールしたグループでよりそれが強かった

参考文献

Yen Pik SF, Billar J, Gresty MA, Golding JF. Effect of a novel motion desensitization training regime and controlled breathing on habituation to motion sickness. Percept Mot Skills 2005;101:244-56.

 2005年に公表されたようです

乗り物酔いへ慣れることはあるのか?[イギリス編]

研究の背景/目的

呼吸をコントロールすることで乗り物酔いを改善することが知られている。

本研究は、吐き気を催す運動へ、呼吸のコントロールによって「慣れ」が促進されるかどうかを検討した。

研究の方法

30名の参加者(男性13名、女性17名、年齢18~51歳)を対象に、呼吸法群と対照群に無作為に割り付けた。

無作為化は、初回の垂直軸外回転(OVAR 72度/秒(-1))の際に測定した回転耐性でバランスがとられていた。

参加者はその後、1時間の間に4回のOVARへの曝露を受けた。(加速トレーニング)。

呼吸グループは、トレーニング中と翌日の再テストの際に、テープに書かれた指示に従って呼吸をコントロールした。

Dr.KID
Dr.KID
Abstractだけですと、どのような呼吸法かは分かりづらいですね…

研究の結果

刺激を繰り返すことで全体的に「慣れ」が生じ、運動に対する耐性の向上、症状の軽減、再テスト時の回復時間の短縮などが見られた。

また、この傾向は、呼吸をコントロールしたグループでより大きな慣れが得られた。

結論

乗り物酔いをシミュレートした動きに繰り返し曝露すると慣れる傾向にあり、この傾向は呼吸をコントロールしたグループでよりそれが強かった。

考察と感想

乗り物酔いに関して、「そのうち慣れるよ」というのは気休めだけでなく、現実としてある程度の効果はあるようです。

ただ、乗り物酔いで困っている方は「明日遠足でバスに乗りんだけど」という今日、明日の問題であることが多いです。そういう意味で、「慣れ」は確かに存在するし、呼吸を整えたら「慣れ」は誘導できるかもしれないですが、即効性のある方法ではなさそうです。

Dr.KID
Dr.KID
繰り返し曝露させるのも負担になりそうですね。

まとめ

乗り物酔いに対して、繰り返しの曝露や呼吸のコントロールによって「慣れ」が促進されるかどうかを検討した研究でした。

乗り物酔いをシミュレートした動きに繰り返し曝露すると慣れる傾向にあり、この傾向は呼吸をコントロールしたグループでよりそれが強かった。

乗り物酔いとショウガのまとめnote

乗り物酔いにショウガは効くのか?

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:目からはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2023/02/07 06:17:39時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。