科学的根拠のある子育て・育児

インフルエンザワクチンは乳幼児に有効か?[アメリカ編 2003-5]

前回、2012年のsystematic reviewとmeta-analysisの結果を説明してきました。

システマティックレビューとメタ解析から見た乳幼児のインフルエンザワクチン [2012年]今回は2012年に発表されたシステマティックレビューとメタ解析の結果がありますので、そちらを参照してみましょう。米国内で行われた研究で、...

今回は、私が見逃していた観察研究の結果を紹介しようと思います。
まずは、2003-5年にかけて、アメリカでおこなわれたcase-control studyです。

ポイント

  •  2003/04と2005/06に行われたインフルエンザワクチンの研究
  •  6-23ヶ月において、ワクチンの有効性はありそうな印象
  •  ただし、有効性は年によってばらつきあり
  •  スケジュール通り、予防接種を完了させることが重要
マミー
マミー
2000年代の前半にも報告があったのですね!

Dr.KID
Dr.KID
見逃していました…

参考文献

Eisenberg KW, et al.Vaccine Effectiveness Against Laboratory-Confirmed Influenza in Children 6 to 59 Months of Age During the 2003–2004 and 2004–2005 Influenza Season.Pediatrics. 2008 November ; 122(5): 911–919

研究の方法

対象となったのは、2003/04と2004/05シーズンで、

  •   6-59ヶ月
  •   救急外来やクリニック外来を発熱で受診した患者

が該当しています。

ケースはPCRでインフルエンザ陽性者、コントロールは陰性者でcase-control studyを組んでいます。
ケースとコントロールは、タイミング、地域、外来の種類でマッチングを行なっています。

Dr.KID
Dr.KID
この「Test-negative control」ですと、コントロールが一般の母集団を反映していない可能性があり、選択バイアスを招いているかもしれません。

ワクチン接種について

ワクチン接種は、

  •   Full: 2回完了 or  全シーズン接種 + 今シーズン1回以上
  •   Partial: 1回のみ
  •  なし

で分類しています。

アウトカムの評価について

アウトカムの評価に関しては、

  •   conditional logistic regressionでOdds ratio (OR)を計算し、
  •   Vaccine efficacy (VE) = (1 – OR) x 100%  

を見ています。

研究結果と考察

最終的に288 caseと744 controlが03/04のシーズンに、197 caseと1305 controlが04/05シーズンに参加しています。

ワクチンの完全接種率は、それぞれ6%と19%でした。

 ワクチンの有効性について

VEの結果は6-23ヶ月の小児のみを示します。

03/04 VE 95%CI
Full 28% -130 to 77
Partial 42% -22 to 73
04/05    
Full 55% 13 to 77
Partial -3% -70 to 38

03/04に関しては、インフルエンザワクチンの有効性は低いですが、ワクチンの有効性が示唆されています。

04/05に関しては、Full vaccineである場合のみで、有効性が示唆されています。やはりスケジュール通り、きちんと打つことが大事なのでしょう。

 感想と考察

今回の研究では、症例対象研究でインフルエンザワクチンの有効性を乳幼児で確認しています。6-23ヶ月の結果に注目すると、有効性にばらつきはありそうですが、2シーズンを通して予防効果が示唆されています。

問題点として、コントロールグループの設定にありそうです。”test-negative control”という方法を使っていますが、要は外来に受診して検査陰性だった人をコントロールにしているだけです。
この方法ですと、コントロールグループが、一般的な母集団を反映しているか否か、判断が難しいです。場合によっては、選択バイアスが残っているでしょう。

Dr.KID
Dr.KID
Case-control studyでは、コントロールの設定が重要です。

DAGで理解するTest Negative Controlの問題点インフルエンザワクチンの論文を20本以上読んで、ブログでも解説してきました。 これらの論文を読んでいると「Test Negative ...

まとめ

今回の研究では、症例対象研究でインフルエンザワクチンの有効性を乳幼児で確認しています。6-23ヶ月の結果に注目すると、有効性にばらつきはありそうですが、2シーズンを通して予防効果が示唆されています。

ただし、選択バイアスが混入しているかもしれません。

 

まとめ

  •  2003/04と2005/06に行われたインフルエンザワクチンの研究
  •  6-23ヶ月において、ワクチンの有効性はありそうな印象
  •  ただし、有効性は年によってばらつきあり
  •  スケジュール通り、予防接種を完了させることが重要

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST