科学的根拠のある子育て・育児

トイレトレーニングの方法はどちらが良いのか?[Azrin法 vs. Spock法]

以前、トイトレの方法をいくつか紹介してきました。

Azrin & Foxx法(以降、Azrin法)とSpock法についての個々の解説はこちらです:

Azrin and Foxx トイレトレーニング法について前回は子供中心のトイトレ法(Child-Oriented Method)について解説してきました。 https://www.dr-ki...
Spockのトイレトレーニング法前回はEarly Elimination Methodという方法を解説してきましたが、今回は別のDr. Spock's methodとい...

個々のトイレトレーニング法(トイトレ)を比較した研究は少なからずあるようですので、今回もご紹介させていただければと思います。

ポイント

  •  Azrin法とSpock法を比較したRCT
  •  Azrin法の方が、成功率が高いかもしれない
マミー
マミー
トイトレの方法を比較して、どっちがいいのか判断した研究はあるのですか?

Dr.KID
Dr.KID
今回は、Azrin法とSpock法を比較した研究を見てみましょう!

参考文献

Candelora K. An evaluation of two approaches to toilet training normal children. Diss Abstr Int 1977;38(5-B).

研究の方法

今回は、1977年に行われたランダム化比較研究で、対象となったのは、

  •   18-35ヶ月
  •   生来健康

な小児71人が該当しています。

介入について

介入は、

  • Azrin法
  • Foxx法

のいずれかをランダムに投与しています。

アウトカムについて

アウトカムに関しては、

  •   失敗の回数(尿・便を漏らしてしまった)
  •   成功の回数
  •   夜間に尿を漏らす割合

を見ています。

Dr.KID
Dr.KID
介入前・介入後・追跡の3つの期間で観察しているようです。

研究結果と考察

結果は以下のようになりました:

 失敗回数の減少

  Azrin Spock
治療前→治療後 2.48 1.37
追跡期間 0.70 0.52
合計 3.17 2.50

トイトレを失敗して、尿や便を漏らしてしまう回数の減少を比較していますが、Azrin法の方が失敗回数の減少は大きかったです。つまり、Azrin法の方が、失敗を回避できるかもしれないという結果です。

 成功回数の増加

逆の視点で見てみましょう。つまり、成功回数の増加については以下の通りでした:

  Azrin Spock
治療前→治療後 2.50 1.12
追跡期間 0.87 0.79
合計 3.37 1.90

成功回数はAzrin法の方が改善する回数が多そうな印象を受けるデータですね。

 おねしょの回数

最後に、朝におねしょをしているのに気づく割合の減少率も比較しています。

  Azrin Spock
治療前→治療後 21% 6%
追跡期間 10% 9%
合計 31% 15%

Azrin法の方が、おねしょの割合が減っている印象を受けるデータですね。

 感想と考察

今回の研究は、Azrin法とSpock法を比較した研究でした。

どうやら、この研究ではAzrin法の方に軍配が上がっていそうな印象を受けるデータです。

現代では、Child Oritented法が主流で、これがAzrin法と比べてどうなのか、気になしますね〜

Dr.KID
Dr.KID
トイトレの方法が比較されてること自体、すごいですね。この領域を熱心に研究した方がいるということです。

まとめ

今回は、Azrin法とSpock法という異なるトイレトレーニングの手法を比較した論文を解説しました。

Azrin法の方が、やや成績が良さそうな印象を受けるデータです。

一方で、現代ではこれらの方法は主流ではなく、Child Oriented法との比較も気になるところです。

マミー
マミー
2つの方法は何が違うのですか?

Dr.KID
Dr.KID
似たような手法なのですが、Azrin法の方が1つ1つが細かく記載されている印象です。

まとめ

  •  Azrin法とSpock法を比較したRCT
  •  Azrin法の方が、成功率が高いかもしれない

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST