科学的根拠のある子育て・育児

インフルエンザやRSウイルスが重症化しやすい年齢は?[アメリカ編]

  •  1歳未満の乳児はインフルエンザやRSウイルスが重症化しやすい

ということは聞いたことがあるかもしれません。

重症化の結果、不幸なことに亡くなってしまった小児は毎年いることが予測されますが、実際にどのくらいの頻度で生じているのか検討した研究があります。

アメリカからのデータになるため、日本へそのまま一般化はできないとは思います。しかし、同じような傾向があるように感じます。

少し古めのデータですが、貴重な報告ですので参照してみましょう。

ポイント

  •  インフルエンザとRSウイルスの死亡率を年齢別に比較した研究
  •  小児では1歳未満の死亡率が高い
  •  全体では65歳以降が圧倒的に死亡率が高い
マミー
マミー
インフルやRSが重症化しやすい年齢はあります?

Dr.KID
Dr.KID
1歳未満が多いと言われていますが、データを見てみましょう。

研究の方法

アメリカのサーベイランスデータを使用して、年齢別の死亡率を検討しています。

データは1976〜1999で集積されています。

このデータを利用して

  •   インフルエンザによる死亡率
  •   RSウイルスによる死亡率

などを年齢別に見ています。

Dr.KID
Dr.KID
10万人あたりの値を算出しています

研究結果と考察

最終的な結果は以下の通りです

 インフルエンザによる年齢別の年間死亡率

年齢 死亡率(/10万)
< 1 2.2
1-4 1.1
5-49 1.5
50-64 12.5
> 65 132.5

小児でいうと1歳未満の年間死亡率が高いです。

ですが、全年齢で見ると、50歳以降、特に65歳以上の死亡率が非常に高いですね。

 

 RSウイルスによる年齢別の年間死亡率

年齢 死亡率(/10万)
< 1 5.4
1-4 0.9
5-49 2.6
50-64 7.8
> 65 29.6

RSウイルスによる年間死亡率も同じような傾向で、1歳未満で10万人あたり5.4名となっています。

50歳以降で上昇し、65歳以上で29.6まで上昇していますね。

 感想と考察

1歳未満において、インフルとRSウイルスによる死亡率は10万人あたり2.2と5.4と他の小児より高い値でした。例えば1-4歳をreferenceにすると、1歳未満の死亡率はインフルは2倍、RSは6倍ということになります。

おそらく日本でも同じような傾向になるとは思いますが、医療へのアクセスであったり、入院の適応であったり、色々と国で異なるので、死亡率自体は少し違う値ではないかと思います。根拠はないですが、おそらく日本の方が死亡率はもう少し低いのではないかと。

Dr.KID
Dr.KID
あくまでも、私の勝手な予想ですが…

まとめ

アメリカにおけるインフルエンザとRSウイルスの死亡率を年齢別に比較した研究でした。

小児においては1歳未満が重症化しやすい傾向にありました。

一方で、重症化して死亡する割合は、成人、特に高齢者の方が圧倒的に高いです。

マミー
マミー
成人でもRSウイルスにかかるのですか?

Dr.KID
Dr.KID
RSウイルスは繰り返し感染することがあります。

まとめ

  •  インフルエンザとRSウイルスの死亡率を年齢別に比較した研究
  •  小児では1歳未満の死亡率が高い
  •  全体では65歳以降が圧倒的に死亡率が高い

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST