雑記

【食レポ】ドイツ風のソーセージとビールを堪能したいなら、国立のノイ・フランクがオススメ

ノイ・フランクについて

中央線の国立駅から降りて徒歩4−5分で、国立の人気店であるノイ・フランクにたどり着きます。

もともとは手作りソーセージのお店でしたが、店内でもソーセージ料理とビールも堪能できるようになっています。

f:id:Dr-KID:20170917213842p:plain

こちらが外観で、天気の良い日は外で食事をすることもできます。

店内はわりと、こぢんまりした雰囲気です。

休日のランチメニューを注文

今回はランチで訪問したので、定番のランチメニューを注文しました。

私は3種のソーセージ・プレートを選択して、生ビール『Weihenstephan』を注文しています。

■ プレッツェルがオススメ(本場ドイツよりはるかに美味しい)

f:id:Dr-KID:20170917202817j:image

私自身、ドイツ大好きで過去5回ほど旅行したことがありますが、ノイ・フランクで食べられるプレッツェルは、ドイツのそれよりはるかに美味しいです。
(単に、日本人の味覚に合わせてるだけかもですが)

他のお店では味わえない、絶妙なバランスで作られています。

■ 前菜とビールはこちら

f:id:Dr-KID:20170917202754j:image  f:id:Dr-KID:20170917202736j:image

 ■ メインのソーセージ 

f:id:Dr-KID:20170917215359j:plain

こちらがメインのソーセージです。

量としてはがっつりではないので、コスパはよくありませんが、ビールと前菜・プレッツェルでかなりお腹が膨らんでいたので、この量でも十分でした。

皮はシャキシャキで、お好みでマスタードをつけて食べれます。

■ デザートのアイス

f:id:Dr-KID:20170917215435j:plain

デザートはメロンアイスをいただきました。

値段とオススメメニューについて

ランチですと2000円で、前菜・プレッツェル・ソーセージ・コーヒー・デザートですので、あまりコスパは追求しないほうが良いと思います。

むしろ、東京でこのクオリティーのプレッツェル・ソーセージ・生のドイツビールを飲めるお店はほとんどないので、希少性に対する対価と考えるとよいでしょう。

■ ディナーのオススメメニュー

こちらのお店には足繁く通っていますが、オススメのメニューは;

  • パテ
  • 鴨肉の燻製
  • マグロとアボガドのサラダ
  • ポトフ

などが季節によってあり、これらがとても美味しかったのを覚えています。

ドイツビール・ソーセージが恋しい、美味しいプレッツェルを食べたい、コスパは考えないのであれば、こちらのお店は超オススメです。

以前、ANAの機内情報誌に掲載されたり、それなりの人気店ですので、特にディナーは予約しておくと良いでしょう。

◎ 私はドイツとオーストリアのビールが好きですが、その中でもこのシェッファー・ホッファーの白ビールが大好きです。

お隣の国オーストリアの場合は、エーデルワイスが飲みやすいです。
ヒューガルデン(ベルギー)だけが美味しい白ビールではないですよ。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。