乗り物酔い

船酔い予防におけるcinnarizineの効果[イスラエル編]

今回は、乗り物いに対して抗ヒスタミン薬は有効か、安全かを検証したRCTの紹介です。

マミー
マミー
乗り物酔いに有効なお薬はありますか?

ユーキ先生
ユーキ先生
1990年くらいから、さまざまな研究がされていたようです。

Dr.KID
Dr.KID
論文を読んでみましょう

ポイント

  • 船酔いに対してシンナリジンの有効性を検証したRCT
  • 乗り物酔いの予防において、プラセボと比較して、シンナリジン 50mgは有効であることが示唆されました。
  • 一方で、シンナリジン 25 mgでは不十分かもしれません。

参考文献

Doweck I, Gordon CR, Spitzer O, Melamed Y, Shupak A. Effect of cinnarizine in the prevention of seasickness. Aviat Space Environ Med. 1994 Jul;65(7):606-9. PMID: 7945126.

 1994年にイスラエルから公表されたようです

船酔い予防におけるcinnarizineの効果[イスラエル編]

研究の背景/目的

二重盲検プラセボ対照試験において、非常に荒い海での船酔いの予防におけるcinnarizineの2つの異なる用量の効果を評価した。

研究の方法

健康な男性95名を3群に分け、cinnarizine 50 mg、cinnarizine 25 mg、およびプラセボを投与した。

船酔いしやすさの評価には、過去の航海の状況(船酔いしやすさ)、波3.5mの荒海での4~6時間の航海直後の状況(船酔いしやすさ)を質問票により検討した。

また、薬剤の副作用の可能性については、さらにアンケートに回答してもらった。

Dr.KID
Dr.KID
異なる用量で投与した。

研究の結果

Cinnarizine 50 mgを投与された31名の被験者のうち、65%が今回の航海で以前の航海よりも気分が良くなったと感じたのに対し、Cinnarizine 25 mgを投与された32名のうち41%、プラセボを投与された32名のうち31%が、今回の航海で気分が良くなったと感じた。

また、cinnarizine 50 mg投与群とプラセボ投与群の間に有意差(p<0.05)が認められたが、cinnarizine 25 mgはプラセボと比較して有効性が認められなかった。

また、いずれの薬剤群にも目立った副作用は認められませんでした。

結論

cinnarizine 50 mgは荒天時の船酔い防止に有効であることが明らかとなった。

考察と感想

Cinnarizineは第1世代の抗ヒスタミン薬です。

カルシウム拮抗薬の作用もあり、シンナリジンはかつて脳代謝改善薬として広く使われましたようです。

国外では、乗り物酔いや化学療法、めまい、メニエール病などの他の原因による吐き気と嘔吐に処方されることがあるようです。

しかし、シンナリジンによるパーキンソニズムがしばしば見られたため、日本ではすでに発売停止になっています。

Dr.KID
Dr.KID
ロイン®という商品名で発売されていたようです。

まとめ

船酔いに対してシンナリジンの有効性を検証したRCTです。

乗り物酔いの予防において、プラセボと比較して、シンナリジン 50mgは有効であることが示唆されました。

一方で、シンナリジン 25 mgでは不十分かもしれません。

乗り物酔いとショウガのまとめnote

乗り物酔いにショウガは効くのか?

 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2023/02/07 06:17:39時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST