乗り物酔い

乗り物酔い予防におけるスコポラミンとd-アンフェタミンの組み合わせに代わりはあるのか?[中国編]

今回は、スコポラミンとd-アンフェタミンの組み合わせに代わる、高度の乗り物酔いの治療薬として、どのような組み合わせがあるか検討した研究となります。

マミー
マミー
乗り物酔いに有効なお薬はありますか?

ユーキ先生
ユーキ先生
1990年くらいから、さまざまな研究がされていたようです。

Dr.KID
Dr.KID
論文を読んでみましょう

ポイント

  • スコポラミンとd-アンフェタミンの組み合わせに代わる、高度の乗り物酔いの治療薬として、どのような組み合わせがあるか検討したマウスでの実験
  • スコポラミンとmodafinilの併用は、スコポラミンとd-amphetamineの併用と同等の効果を示した
  • この併用により中枢神経が興奮し、スコポラミンによる不安感が消失することが確認された

参考文献

Zhang LL, Liu HQ, Yu XH, Zhang Y, Tian JS, Song XR, Han B, Liu AJ. The Combination of Scopolamine and Psychostimulants for the Prevention of Severe Motion Sickness. CNS Neurosci Ther. 2016 Aug;22(8):715-22. doi: 10.1111/cns.12566. Epub 2016 May 9. PMID: 27160425; PMCID: PMC6492890.

 2016年に中国から公表されたようです

乗り物酔い予防におけるスコポラミンとd-アンフェタミンの組み合わせに代わりはあるのか?[中国編]

研究の背景/目的

精密な航空・海洋・救急業務を行う人にとって、激しい乗り物酔いは大きな障害である。

スコポラミンとd-アンフェタミンの併用は、激しい乗り物酔いの防止に最も効果的である。
しかし、d-アンフェタミンは乱用される可能性があるため、現在の処方にはこの組み合わせは含まれていない。

そこで、スコポラミンとd-アンフェタミンの組み合わせに代わる、高度の乗り物酔いの治療薬として、どのような組み合わせがあるか検討した。

研究の方法

スコポラミンとd-アンフェタミンの組み合わせに代わる、高度の乗り物酔いの治療薬として、どのような組み合わせがあるか検討した。

Dr.KID
Dr.KID
実験室の回転椅子で行なってようですが、本文を読むとマウスでの実験だったようです。

研究の結果

スコポラミン、ジフェンヒドラミン、グラニセトロン(3種類の薬物)の効果を投与量を変えて比較したところ、スコポラミンが最も有効であることが分かった。

また、スコポラミンが治療量において中枢神経を抑制し、不安を引き起こすことも分かった。

次に、異なる用量の精神刺激剤(d-amphetamine、modafinil、caffeine)と組み合わせて、乗り物酔いに最適な組み合わせを探した。

スコポラミンとmodafinil(1+10 mg/kg)の併用は、スコポラミンとd-amphetamine(1+1 mg/kg)の併用と同等の効果を示し、この併用により中枢神経が興奮し、スコポラミンによる不安感が消失することが確認された。

結論

スコポラミンとモダフィニルの最適な用量比は1:10である。
この組み合わせは、乗り物酔いに有効であり、スコポラミンの副作用を消失させることができる。

従って、重度の乗り物酔いに対するスコポラミンとd-アンフェタミンの良い代替品になるかもしれない。

考察と感想

背景として、重度の乗り物酔いに対しては、スコポラミンとD-アンフェタミンの併用が最も有効であることが報告されていたようです。

Dr.KID
Dr.KID
こちらの論文ですね:Wood CD, Graybiel A, Kennedy RS. Comparison of effectiveness of some antimotion sickness drugs using recommended and larger than recommended doses as tested in the slow rotation room. Aerosp Med 1966;37: 259–262.

モダフィニルとカフェインは、覚醒、認知、覚醒、学習、記憶に対して有益な効果を持ち、乱用リスクはほとんどないことから、アンフェタミンの代用にならないかと模索されたようです。

動物実験では有効性が示唆されたようですが、別で行われたヒトでの研究では否定的な結果が出ています。

まとめ

スコポラミンとd-アンフェタミンの組み合わせに代わる、高度の乗り物酔いの治療薬として、どのような組み合わせがあるか検討したマウスでの実験になります。

コポラミンとmodafinilの併用は、スコポラミンとd-amphetamineの併用と同等の効果を示し、この併用により中枢神経が興奮し、スコポラミンによる不安感が消失することが確認されたようです。

 

詳しいデータはnoteの方で執筆しています:

乗り物酔いとショウガのまとめnote

乗り物酔いにショウガは効くのか?

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/06/24 21:42:20時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST