新型コロナウイルス

小児のCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の情報(3月26日版)

今回は、新型コロナウイルスに感染した妊婦の症例報告を紹介させていただきます。

新型コロナウイルスに感染した妊婦から出生した小児の症例。
出生後36時間後に、PCR陽性となった症例の検討

A case report of neonatal COVID-19 infection in China.

非常に多くのリツイートをいただきましたので、ブログ記事にしました。

ポイント

  •  新型コロナウイルスに感染した妊娠40週の妊婦
  •  出生36時間後に新生児はPCR陽性が判明
  •  胎盤・臍帯血・母乳からはウイルスは検出なし
マミー
マミー
小児が重症化するとどうなりますか?

Dr.KID
Dr.KID
まとまった報告が出たので、確認してみましょう。

  妊婦の感染例の報告について

新しい妊婦の感染例を発見したので、簡単にまとめようと思います。

 概要

2019年12月、中国でSARS-CoV-2による2019年新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が出現し、現在では多くの国で流行しています。

現時点では情報は少なく、はっきりしない点も多いですが、一般に妊婦はCOVID-19を含む感染症の影響を受けやすい集団であり、合併症を発症する可能性が高く、重症化する可能性すらあります。

中国で新生児COVID-19感染症が発生し,生後36時間後に咽頭スワブがrRT-PCR法で陽性となった症例を報告した.しかし,本症例が母子感染であるかどうかは確認されていません。

母の情報

母は34歳、甲状腺機能低下症以外の基礎疾患はないようです。

妊娠40週で発熱し、CTですりがらす陰影を認めたため、新型コロナウイルスのPCRを確認し、陽性と判明したようです。

38度前後の発熱のため、帝王切開を行なったようです。

その後の経過は安定していたようです。

新生児の情報

母は帝王切開中もN95マスクをつけた状態で出生しました。

Apgarスコアは8/9点で出生。特に大きな異常はなかったようですが、出生36時間後に新型コロナウイルス陽性が判明しています。

母乳・胎盤・臍帯血からは新型コロナウイルスは検出されなかったようです。

新生児は2週間ほど経過観察入院し、その後に無事退院できたようです。

 感想と考察

出生後36時間での感染は、これまでの報告で最短の気がします。

一方で、垂直感染かは、胎盤・臍帯血が陰性であり、はっきりとはわからない現状です。また、母乳からも検出はされていません。

流行期ですので、院内感染の可能性もありえますし、ひょっとしたらマスクなどの装着が不十分で、母子感染もありえると思います。

 

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が騒動になって1ヶ月以上になりますが、小児に関しては、徐々に情報が増えてきた印象です。現時点で分かっていることをまとめると、以下の通りです:

Dr.KID
Dr.KID
これまでに私が検索した報告例のまとめです。

まとめ

今回は、

  •  新型コロナウイルスに感染した妊婦と新生児

についてアップデートさせていただきました。

引き続き、新しい情報、過去の文献を読み込んだら、報告させてもらおうと思います。

新刊(医学書)発売決定!

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

noteもやってます

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。