科学的根拠

小児の咳止めとしてコデインを含有する薬【処方薬・市販薬】

咳止めとしてのコデインの使用は2019年度より禁止され、市販薬での販売はできなくなり、処方も制限されています。
コデインによる副作用を考えると、店頭から消えて、購入できなくなることが望ましいですが、ひょっとしたら放置されているお店もあるのかもしれません。

今回は、コデインを含有している市販薬や処方薬を記録としてリストアップしておこうと思います。

Dr.KID
Dr.KID
コデインが含まれていた市販薬はそれなりにありました…

コデインを含有している市販薬

市販薬で小児のかぜ薬が販売されていますが、2018年まではコデイン(ジヒドロコデインリン酸塩)が含有しているものも多数ありました。こちらにリスト化しておきましょう。

商品名 適応年齢
せき止めシロップ
コンコン咳止め液
3歳以上
トピックせき止め液
かぜシロップG2「小児用」
小児用かぜシロップチルダンプラス
1歳以上
3ヶ月以上
3ヶ月以上
小児用エスエスブロン液エース 3ヶ月以上
小児用ヒストミンせき止めシロップS 
小児用ヒストミンかぜシロップZ
小児用ヒストミンセーフシロップ
小児用ブルミンかぜシロップ
3ヶ月以上
1歳以上
3ヶ月以上
3歳以上
新コールトップ液G・K 3ヶ月以上
小児用フリア内服液
小児用ユリアンシロップ
チルニン小児シロップ
3ヶ月以上

小児用かぜシロップ三宝 3ヶ月以上
カイゲンかぜシロップ小児用S
カイゲン感冒液小児用
3ヶ月以上
ポポロこどもかぜシロップ 3ヶ月以上
小児用ハイセーフS 3ヶ月以上
小児用ジキニンシロップ
新ジキニンシロップ
3ヶ月以上
1歳以上
本草かぜ内服液小児用S
ヒラミン液K小児用
3ヶ月以上
3ヶ月以上
小児用リココデS液 6ヶ月以上
アルペンSこどもかぜシロップ
アルペンFこどもかぜシロップ
アルペンKこどもかぜ薬
3ヶ月以上
3ヶ月以上
3歳以上

中にはこどもの好きそうなキャラクターを使用して、販売している市販薬もありました。
店頭で薬のことがよくわからないと、イメージのみで手にとってしまうため、少し気をつけたほうが良いでしょう。

適応年齢も3ヶ月以上としている製薬会社もあり、小児科医の視点からすると、鳥肌が立つほど恐ろしい内容です。

Dr.KID
Dr.KID
同一会社がコデイン入りのかぜ薬を複数作っているところもありました。

コデインを含有する処方薬について

処方薬でもコデインが処方されていることがあります。
処方薬として代表的なものを以下にリスト化しておきます。

薬剤名 その他
コデインリン酸塩
ジヒドロコデインリン酸塩
 
セキコデ  
フスコデ 第一世代の抗ヒスタミン薬を配合
カフコデ 第一世代の抗ヒスタミン薬を配合

などが代表的です。
中には第一世代の抗ヒスタミン薬(クロルフェニラミン)が配合されるという、小児の薬の使い方としては、最悪と言っていい組み合わせになっています。

Dr.KID
Dr.KID
今後、様々な薬で使用制限が強くなる可能性があります

まとめ

今回は、記録の意味も込めて、小児の咳止めに含まれている薬をリストアップしました。
漏れているものも沢山あると思いますが、それでも市販薬ではかなりの数で出されていました。
年齢も3ヶ月以上から可能とされております。

これだけ見ると「市販薬だから安全」とは言えない現状に、少し危機感を感じています。
今後、小児にとって好ましくない内服薬の規制が強くなっていくかもしれないですね。

Dr.KID
Dr.KID
「市販薬だから安全」と楽観視しないようにしていきましょう。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST