小児科

小児の慢性ITPに対して、ステロイドパルスのサイクル療法は有効か?[カナダ編]

今回は、小児の慢性ITPにおいて、ステロイドパルスを行なった症例集積の報告です。こちらはカナダで行われた研究のようです。

マミー
マミー
小児のITPの治療って何がありますか?

Dr.KID
Dr.KID
過去のエビデンスをみてみましょう。

   ITPはかつて特発性血小板減少性紫斑病 or 免疫性血小板減少性紫斑病、その後、免疫性血小板減少症と呼び名が変わっています。

 研究の概要

 背景・目的

慢性ITPの成人において、経口高用量 (HD) デキサメタゾン療法は高い完全寛解率が報告されている。

今回は、小児の慢性ITPにおいて、この治療法の有効性を検討する。

方法

平均28カ月(範囲、6〜120カ月)の慢性ITPの小児11例がHDデキサメタゾンのサイクル療法で治療された。

結果

短期的な反応性は、「治療開始当初の血小板数が50×10^9/L以下で、HDデキサメタゾンのサイクル終了後72時間以内に100×10^9/Lを超えるまで増加)とした。これは、41サイクルのうち、78%で観察された。

HDデキサメタゾンサイクル療法終了後6カ月以上経過観察された小児11例において、長期効果には1例の完全寛解(血小板数≧150×10^9/L)および3例の部分寛解(血小板数≧50かつ<150×10^9/L)がある。

副作用がかなり多かったため、3人の小児は6回目の治療サイクルを完了しなかった。

結論

デキサメタゾンの大量経口投与は、短期血小板応答の達成に有効な薬剤であるが、十分に確立された慢性ITPの小児の半数以下に長期寛解を誘導した。

大量デキサメタゾンのサイクル療法が、早期慢性ITPの小児の自然経過を変化させ、脾臓摘出を回避できるかどうかを確立するために、前向きの比較研究が必要である。

考察と感想

6ヶ月終了時点での結果が重要と思うので、それを中心に解釈すると

  •  完全寛解:1/11 (9%)
  •  部分寛解:3/11 (27%)
  •  反応なし:7/11 (63%)

となります。意外と厳しい結果ですね。成人の方はもっと寛解率が高かったようで、著者らもこの点を言及していました。

反応性なしのうち5人は、結局は脾臓摘出に踏み切って、寛解に至ったようです。

Dr.KID
Dr.KID
脾臓摘出にもデメリットがありますからね。。。

副作用の報告もされていました。多いものから順にあげると

  •  倦怠感(95%)
  •  不機嫌(66%)
  •  顔面紅潮(41%)
  •  頭痛(32%)
  •  易刺激性(29%)
  •  腹痛(22%)

などが記載されていました。腹痛に関して、ラニチジンの併用は行なった上でのこのデータのようです。

まとめ

今回は、小児の慢性ITPにおいて、高用量のデキサメサゾンを投与した前向き研究です。

サンプル数はかなり少ないですが、高用量のステロイドを定期的に投与した場合でも、寛解率は40%ほどのようです。

一方で、副作用が多く、安全性の懸念もあります。

 

 

created by Rinker
¥4,950
(2022/12/01 09:54:21時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2022/12/01 03:58:23時点 Amazon調べ-詳細)

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。