科学的根拠のある子育て・育児

乳幼児の下痢は、ミルクを薄めたり、種類を変更する必要はあるのか? [イギリス編]

  •  下痢の時はミルクを薄めましょう
  •  まずは腸を休めて

などなど、胃腸炎の時に指導されることがあるようですが、この発言に本当に科学的な根拠はあるのでしょうか?

実は乳幼児の急性胃腸炎による下痢であれば、本人が飲める・食べれる状況であれば、基本的に特別な制限をしなくて良いと近年は考えられています。

その根拠となる論文の1つを今回は示しましょう。

ポイント

  •  乳児の胃腸炎に対して、ミルクを薄める・変更する必要があるか検討したRCT
  •  ミルクを薄めたり変更しても、下痢の期間・入院日数はほとんど変わらない
  •  ミルクを薄めると、体重の回復が悪くなる
マミー
マミー
下痢の時にミルクは薄めた方がいいのですか?

Dr.KID
Dr.KID
そうとも限りませんよ

オープンアクセス論文です。興味のある方は見てみましょう↓↓

研究の概要

今回の研究は1986〜87年にイギリスで行われたランダム化比較試験になります。

対象となったのは、生後6週〜12ヶ月の乳児で、14日以内の下痢で入院になった症例です。

治療について

治療は4つのグループに分けて、以下のスケジュールにしています

Gp 〜24時間 24〜48時間 48時間〜
1 ORS + 1/2 SMA 3/4 SMA SMA
2 HN25 SMA
3 SMA Gold cup
4 Formula S

のいずれかをランダムに投与しています(50人 x 4グループ)。

英字は人工乳を示していて、大まかな組成は以下の通りでした:

  HN25 SMA  Formula S
タンパク質 牛乳 牛乳 大豆
脂肪 植物 牛と植物 植物
炭水化物 バナナ
米など
乳糖 ブドウ糖
エネルギー
kJ/100ml
242.7 272.0 280.3
Dr.KID
Dr.KID
SMAが一番普通の人工乳に近いのではないでしょうか。

結果

結果は以下の通りでした:

 

(論文より拝借)

こちらは4グループの比較になりますが、体重増加が最も悪かったのは、最初に経口補水液を与え、その後に薄めたミルクを飲ませたグループ1でした。

その他の人工乳は種類によらず緩やかに体重が回復しているのが分かります。下痢をしたからと言って、特別にミルクを変更する必要はなさそうです。

グループ 下痢の期間 入院日数
1 64
(53.7)
6.9
(3.2)
2 47
(53.7)
6.9
(1.9)
3 68
(43.6)
6.9
(2.2)
4 51
(41.5)
7.1
(3.6)

1は経口補水液を与えたり、人工乳を薄めたりしたグループですが、このような工夫をしても下痢の期間は変わらず、入院日数も変化していないのが分かります。

確かに、Gp2や4のように、乳糖や動物性の脂肪を含まない人工乳を与えた方が、下痢の期間は0.5〜1日ほど短くなるのかもしれませんが、入院日数にまでは影響していないようです。

 感想と考察

  •  下痢の時はミルクを薄めましょう

と指導する医療者はいるようです。おそらく胃腸炎で腸が荒れていて、吸収が良くないから、薄めた方が良いでしょうという信条のもと指導しているのだと思います。

ですが、実際に行ったRCTでは、下痢の期間は短縮せず、入院日数も変わらず、むしろ体重の回復が遅れています。
飲めるようであれば、通常の人工乳を続けた方がむしろ良さそうな印象です。

Dr.KID
Dr.KID
飲める状況であれば、わざわざミルクを薄める必要はなさそうですね。

まとめ

今回の研究は、乳児の胃腸炎に対して、ミルクを薄めたり種類を変更することが有益かどうかを検討したRCTです。

ミルクを薄めたり、種類を変更しても、下痢の期間や入院日数に対しては、ほとんど効果はなさそうです。特にミルクを薄めると体重増加が悪くなるので、飲める状況であれば、薄める必要はないと思います。

マミー
マミー
わざわざ薄めないで良いのですね?

Dr.KID
Dr.KID
胃腸炎の治療の欧州のガイドラインでも、同様の記載がありますよ

まとめ

  •  乳児の胃腸炎に対して、ミルクを薄める・変更する必要があるか検討したRCT
  •  ミルクを薄めたり変更しても、下痢の期間・入院日数はほとんど変わらない
  •  ミルクを薄めると、体重の回復が悪くなる

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST