科学的根拠のある子育て・育児

通園する乳幼児にインフルエンザワクチンは有効か?[2007; オーストラリア編]

少し昔の論文になりますが、2000年代は乳幼児へのインフルエンザワクチンの有効性が不確かであったため、特に2歳未満へルーチンに使用すべきか議論が分かれていたようです。

例えば、2004年にUS advisory comittee on immunization practicesは「6-23ヶ月の乳幼児にもインフルエンザワクチンを使用すべき」と推奨していたようでしが、この時点ではエビデンスの集積が不十分であったため、疑問を投げかけられていた時期もあったようです。

オーストラリアでも、自国で乳幼児のインフルエンザワクチンをどうすべきか、議論を深めるために、今回のRCTが行われたようです。

ポイント

  •  2007年、オーストラリアでインフルエンザワクチンの研究
  •  6-23ヶ月でも有効性はありそうな印象
  •  追加検証が必要な結果
マミー
マミー

Dr.KID
Dr.KID

 

研究の方法

今回の研究は2007年にオーストラリアで行われたRCTになります。

対象となったのは、

  •    6-59ヶ月
  •    保育所に通園している

などが該当しています。

 インフルエンザワクチンについて

インフルエンザワクチンは、3価の不活化ワクチンが使用されています。

  •  インフルエンザワクチン
  •  ワクチンなし

のいずれかをランダムに保育所レベルで割り当てています。

Dr.KID
Dr.KID
Cluster RCTですね。

アウトカムについて

アウトカムに関しては、

  •    インフルエンザ発症率
  •    他のウイルス感染の発症率

などを見ています。

ワクチンの有効性は、(1 – RR) x 100%で推定しています。

研究結果と考察

最終的に4施設が参加して、cluster RCTが行われました。ワクチン接種を受けた小児が63人、コントロールが88人です。

 全体の有効性

全体の結果は以下の通りでした:

  IR RR VE
ワクチン 0.03
(15/481)
0.56
(.32, 1.02)
44%
(-2%, 68%
コントロール 0.06
(44/792)
   

こちらは6-59ヶ月の結果になりますが、ワクチンの有効性はありそうな一方で、95%信頼区間は広く、不正確な推定です。

 6-23ヶ月の有効性

  IR RR VE
ワクチン 0.05
(4/78)
0.46
(.15, 1.45)
54%
(-45%, 85%)
コントロール 0.11
(14/126)
   

こちらも同じような推定になりますね。予防効果はありそうですが、サンプル数がやや少ないせいか95%信頼区間は広く、不正確な推定です。

 感想と考察

サンプル数が少ないものの、インフルエンザワクチンは予防効果を示唆する結果です。この後にオーストラリアとニュージーランドが合同でRCTを行なっていますが、今回の研究はパイロット版だったようですね。

Dr.KID
Dr.KID
こうして国策としてきちんと研究をしているあたり、関心というか、日本も行なって欲しいと思うのですが…

まとめ

今回の研究では、6-23ヶ月の乳幼児を含み、インフルエンザワクチンの予防効果が示唆される結果でした。
先日、ブログで紹介しましたが、この研究の後にオーストラリアとニュージーランドで共同で大規模なRCTが行われています。

マミー
マミー
6-23ヶ月でも有効性はありそうな結果だったわけですね?

Dr.KID
Dr.KID
はい。サンプル数が少ないので、不正確な点は否定できず追加検証が必要ですが、有効性が示唆される結果だと思います。

まとめ

インフルエンザワクチンは…

  •   2007年にオーストラリアでCluster RCTが行われ
  •   追加検証は必要なものの、有効性が示唆されている

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST