ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記〜

先天性股関節脱臼について

【スポンサーリンク】


先天性股関節脱臼ってなんですか?

先天性股関節脱臼』は、出生前後に股関節が脱臼してしまった状態です。

『脱臼』と聞くと、怪我や外傷を思い浮かべる方が多いでしょう。
外傷や怪我による脱臼では、関節を保護する関節包を骨が破ってしまい、関節から外れて脱臼します。
一方、先天性股関節脱臼では関節包を破らずに、骨が股関節の外に脱臼する状態です。

■ 先天性股関節脱臼の傾向

先天性股関節脱臼の発症頻度は 0.3%程度で、比較的珍しい疾患といえます。
健診を続けていると、時々みつけることがあります。
男児より女児の方がかなり多く、男:女 は 1 : 5 くらいです。

小児科的な先天性股関節脱臼の見分け方

■ 基本は診察で見極めています

乳児の場合、寝ている姿勢が多く、自分で症状を言えないので、診察でないと見極められないことがほとんどです。

  • 左右の太もものシワの数が異なる
  • 下肢が見かけ上の短縮している

場合に、先天性股関節脱臼を疑います。

f:id:Dr-KID:20170713134914p:plain

 

股関節の開排制限を認める場合もあります。
下の図のように、両股関節を90°屈曲位として、両手で膝をもち、股関節を外転させて確認します。
この動作をすると、クリックを感じることがあります。

f:id:Dr-KID:20170713135600p:plain

あとは、 1歳を過ぎても歩かない、足を引きずって歩くなど、歩行に異常がある場合も先天性股関節脱臼を疑います。

先天性股関節脱臼の治療法

治療法は、先天性股関節脱臼を見つけた時期、重症度によって変わります。
大きく分けて治療法は3つで;

  1. 経過観察
  2. 装具を使う
  3. 手術をする

でしょう。

■ 自然経過をみる

先天性股関節脱臼は、時間とともに軽快することがあります。
このため、生後1ヶ月〜2ヶ月で見つかっても、様子をみるだけのことが多いです。

  • きついオムツは避けましょう
  • 下肢の運動は制限しなくて良いです
  • 縦抱きをし、お尻を片手で支え、股関節が自然と開くように

などの指導をします。

■ Riemenbugel装具を使う

f:id:Dr-KID:20170713150001p:plain

生後3ヶ月〜4ヶ月で戻らない場合は、Riemenbugel装具を使用します。
最初は屈曲90°よりはじめ、徐々に角度を弱くしていきます。
治療には、6〜8週間程度の時間がかかります。

その他、入院して持続牽引をしたり、整復・ギプス固定をすることもあります。

生後6ヶ月以内に治療開始すれば、装具で整復される可能性が高く、将来の後遺症も少ないです。

■ 手術が必要なケース

手術を行うケースは、1歳までに整復されない時が多いです。
6ヶ月までに整復を開始していれば、87%の症例で改善します。
手術が必要になるケースは、先天性股関節脱臼の5%くらいです。

◎ こちらは先天性股関節脱臼について書かれている本です。おさらいとして、勉強しなおして見ようと思います。

先天性股関節脱臼の診断と治療

先天性股関節脱臼の診断と治療