科学的根拠

チペピジン(アスベリン®︎)の使用効果を検討した論文について

今回は1970年代に国内で出版されているチペピジン(アスベリン®︎)の使用効果を検討した論文の紹介をしようと思います。

参考文献

Suzuki M, et al. Effect of the combined use of tipepidine (Asverin) and trimetoquinol (Inolin) for cough in so called ”common cold”:Japanese Archives of Internal Medicine 1974 21:8 (285-289)

Dr.KID
Dr.KID
知人を介して取り寄せました!感謝!

チペピジン(アスベリン®︎)は科学的根拠のない薬としてよく紹介されていますが、こちらの研究ではどのように評価されたのかを見ていきましょう。

研究の方法

今回の研究は、

  •  昭和48-49年
  •  とある市中病院

に咳を主訴に受診した患者34名(成人)を対象にしています。

治療方法はアスベリン®︎+イノリン®︎を投与し、その後に咳の症状の経過を追っています。

イノリン®︎について

イノリン®︎はあまり聞きなれない薬品名ですので少し調べてみました。
一般名はトリメトキノールというようで、β受容体刺激薬の一種です。
小児でもホクナリン®︎やツロブテロール®︎が処方されることがありますが、類似の薬品といったところでしょうか。

気管支平滑筋にあるβ2受容体を刺激することで、咳の軽減を期待した薬です。
話の腰を折ってしまいますが、β受容体刺激薬の咳止めの有効性は、その後に複数の研究で否定されています。

研究結果と考察

咳の頻度を薬投与前後で見ています。結果は下の図のようでした(論文より拝借)

投与前後での咳の頻度を縦軸に、時間経過は横軸になっています。
論文中の表現がやや曖昧でしたが、投与後7日くらいを目処に再評価していたようです。
どうやらこれだけを見ると、咳が軽快しているように見えてしまいます。

前後比較試験でもコントロールが必要

今回の研究は前後比較試験でして、基本的に全員が薬を飲むのでコントロールがいません。つまり、

  •  内服前の咳の頻度(初日)
  •  内服後の咳の頻度(1週間後)

を比較することになります。

咳が全く変わらないという前提があれば、この研究方法でも悪くはないのですが、かぜによる咳は自然とよくなります。
このため、前後比較試験では、

  • 自然によくなったのか?
  • 薬のおかげで良くなったのか?

の区別ができないのです。

この場合はコントロールを置きながら研究をする必要があります。
具体的には以下のようになります。

あり なし

(治療前)
a b

(治療後)
c d
a – c b – d

治療あり vs. なしの2グループに分けて、前後でどれだけ改善したかを見ます(a – c vs. b – d)。
その改善分を2つのグループで比較する必要があるわけです。

Dr.KID
Dr.KID
コントロールがないので、正しく評価出来ない例でしたね。

まとめ

今回の研究ではアスベリン®︎+イノリン®︎を投与し、その後に咳が改善しているかを見ています。

しかし、コントロール群がなく、薬による軽快か、自然経過なのか区別するのが非常に難しいです。

少なくともコントロール群を置いて再検証する必要があると思います。

Dr.KID
Dr.KID
うーん、この論文では科学的根拠にはならないか…

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。