科学的根拠のある子育て・育児

手指衛生や咳エチケット指導は、学校でのインフルエンザ感染を予防するか?

今回は、アメリカから報告された、手指消毒剤のインフルエンザに対する予防効果を検証した研究をみていきましょう。

先にこの研究の結論とポイントから述べましょう。

ポイント

  •  アルコール手指消毒剤とインフルエンザ予防効果を検証
  •  学校で手指衛生と咳エチケットを教えると、インフルエンザ感染率が減る傾向
マミー
マミー
アルコール手指消毒剤はインフルエンザ予防になりますか?

Dr.KID
Dr.KID
過去の文献をみてみましょう。

  アルコール手指消毒剤が感染症の予防効果にどのくらいあるか検証した研究はたくさんあります。

 研究の概要

背景

学校でのインフルエンザの蔓延を減少させるため、アルコール手指消毒剤の有効性に関するエビデンスは不十分である。

方法

Pittsburgh Influenza Prevention Projectは、2007〜2008年のインフルエンザシーズンに、ペンシルベニア州ピッツバーグの10の小学校で、クラスター・ランダム化比較試験を実施した。

5つの介入した学校の子供は、手指衛生と咳エチケットなどのトレーニングを受け、手の消毒剤を定期的に使うように提供・奨励された。
残りの5つの学校はコントロールとした。

インフルエンザ様疾患の小児の検体を採取し、RT-PCRによりインフルエンザAおよびBの検査をした。

結果

合計3360名の小児が研究に参加した。

RT-PCRを用いて、インフルエンザAは54例、インフルエンザBは50例を検出した

アルコール手指消毒の症例は、インフルエンザの感染率を低下させる傾向にあったが、推定値は不正確であった(発生率比[IRR], 0.81;95%信頼区間:1.23〜0.54)。

介入効果は、インフルエンザAにおいて大きく、調整IRRは0.48であった(95% CI:0.87、0.26)。

結論

統計学的な有意差はないものの、アルコール手指消毒と咳エチケットは、インフルエンザの感染率を19%減少させた。インフルエンザAに関しては、52%減少させた。

咳エチケットや手指消毒は、小児におけるインフルエンザ感染症を減少させるための重要な補助手段となり得ることを示唆する。

感想と考察

毎年冬はインフルエンザが流行するので、学校での感染予防という点では、ワクチンだけではんく、こういった手指消毒や咳エチケットなどの指導は重要ですね。

「WHCK the flu(インフルエンザを打つ)」をメッセージに;

  •  Wash hand: 手を洗う
  •  Home: 具合が悪い時は家で過ごす
  •  Avoid touching eye, nose, mouth: 目・鼻・口を触らない
  •  Cover: 咳やくしゃみの時は、肘で覆う
  •  Keep: 具合の悪い人とは距離をとる

という指導をしているようです。

Dr.KID
Dr.KID
ネーミングは重要ですね。

まとめ

学校で、アルコール手指消毒剤を使用した手指衛生や咳エチケットなどを教えると、インフルエンザ感染のリスクを下げることができるかもしれない結果でした。

Dr. KIDの書籍(医学書)

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

新刊(医学書):小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/11/27 06:46:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST