科学的根拠のある子育て・育児

システマティックレビューとメタ解析から見た乳幼児のインフルエンザワクチン [2012年]

今回は2012年に発表されたシステマティックレビューとメタ解析の結果がありますので、そちらを参照してみましょう。米国内で行われた研究で、成人の結果も含まれていますが、今回はテーマ通り乳幼児に特化して紐解いていく予定です。

少しだけインフルエンザワクチンの背景について解説します。

インフルエンザワクチンについてですが、アメリカでは1978年から3価不活化ワクチン(TIV)が使用され、インフルエンザ生ワクチンは2003年から使用されているようです。現在は3価から4価に変更されていますが、90%は不活化ワクチン、10%が生ワクチンのようです。

「ユニバーサルワクチン」とは、国民全員が接種するように推奨されたワクチンのことを言います。アメリカにおいては、2010年に季節性インフルエンザワクチンが、ユニバーサルワクチンの対象となりました(ACIP/CDC)。不活化ワクチンの対象は生後6ヶ月以降から、生ワクチンの対象は2-49歳となっています。

ポイント

  • 2012年の米国のシステマティックレビュー
  • 米国だけでも乳幼児を対象に複数の研究が行われている
  •  多くの研究は、予防効果を示唆している
マミー
マミー
日本はいつ頃からインフルエンザワクチンを打つようになったのですか?

Dr.KID
Dr.KID
1960年代からですね。詳しくは、宮原&森戸先生の書籍にも書かれていますよ。

研究の方法

対象となったのは、

  •  Medlineで1967-2011まで検索  
  •  ランダム化比較試験または観察研究

などが該当しています。

 ワクチンについて

治療は、

  •  3価インフルエンザワクチン
  •    生ワクチン

のいずれかを調査対象にしています。

アウトカムについて

アウトカムに関しては、

  •   インフルエンザ感染率

などを見ています。

研究結果と考察

最終的に5707本の文献を検索し、31本が研究対象となりました。

Dr.KID
Dr.KID
すごい数!

このうち、6-23ヶ月の乳幼児を対象にしたものは:

  •  3価不活化:1本
  •   生ワクチン:8本(*6ヶ月〜7歳)

となっています。

 インフルエンザ不活化ワクチン(3価): RCT

Hobermanらが2003年に発表した論文のみが該当しています。私もこれはブログで解説していますね:

 

有効性は1999/2000と2000/2001で異なり、

シーズン VE 95%CI
99/00 66% 34 to 82
00/01 -7% -24 to 67

となっています。

 インフルエンザ生ワクチン: RCT

インフルエンザ生ワクチンに関しては、生後1歳未満を含む研究は2つ該当しています(Vesikariら、とLumら):

 

著者 VE 95%CI
Vesikari 85% 78 to 90
Lum 64% 40 to 79

 

  観察研究:

2008年にEisenbergやSzilagyiらが、6-59ヶ月を対象にして報告しているようですね。2011年にKellyらの報告もあるようです。:

著者 シーズン VE 95%CI
Eisenberg 03/04 44% -42 to 78
  04/05 57% 28 to 74
Szilagyi 03/04 12%
52%
-120 to 60
-100 to 90
  04/05 37%
7%
-50 to 70
-80 to 50
Kelly 08 68% 26 to 86

シーズンは異なるけれども、有効性を示唆する論文がいくつかあったようですね。

この辺り、私も見逃していいたようなので、さらに報告していこうと思います。

 感想と考察

シーズンや対象集団で多少の違いはありそうですが、少なくともインフルエンザワクチンの有効性を示唆した論文が多数あります。

現在は4価の不活化ワクチンを使用しており、B型インフルエンザの予防効果はさらに改善していることが見込まれています。

システマティックレビューは、自分以外の誰かが年月を費やして本気で文献検索をしていただいており、非常に役に立ちますね。見逃したところを追加で調べてみようと思います。

Dr.KID
Dr.KID
気づかぬ間にチェリーピッキングはよくあることですよ

【まとめ】システマティック・レビューとメタ解析システマティック(系統的)レビューとメタ解析(分析)について一通り知り合い方に向けて、10回ほどに分けて記事を執筆しました。 システマ...

まとめ

今回の研究は、主にアメリカ国内で発表されたインフルエンザワクチンの予防効果を見た研究をシステマティックレビューとメタ解析をしています。

乳幼児のデータは少ないですが、アメリカだけでもすでに2000年代に複数行われており、ワクチンによる予防効果を認めています。

マミー
マミー
アメリカだけでも、たくさん研究が行われているのですね。

Dr.KID
Dr.KID
近年は、途上国でも活発に行われるようになりましたね。

まとめ

2012年の米国のシステマティックレビューによると…

  •  米国だけでも乳幼児を対象に複数の研究が行われている
  •  多くの研究は、予防効果を示唆している

おすすめ書籍は以下:

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST