科学的根拠のある子育て・育児

月齢が低いほどRSウイルス感染による入院率が高く、母由来の抗体は予防効果があるかも

RSウイルスは非常に奥深いウイルスです。

複数回の感染は当たり前ですし、生後6ヶ月未満に感染すると重症化して入院率が上昇します。母親からもらった受動免疫が多ければ予防効果があ流とは考えられてはいるのですが、それでも感染する時は感染します。

少しクラシックな論文ですが、これらの事実を明らかにしようと試みられた研究が1970年代にありますので、こちらで報告させていただきます。

ポイント

  •  RSウイルス感染による入院率をみた研究
  •  入院率は1歳未満で 4.7/1000、6ヶ月未満で7.0/1000
  •  母体からの抗体価が高いほど感染リスクは下がるが、100%の予防ではない
マミー
マミー
重症化って具体的に何ですか?

Dr.KID
Dr.KID
肺炎や細気管支炎を起こしてしまうことがあります。

研究の方法

今回の研究は、アメリカで1975〜1979年に行われたコホート研究になります

対象となったのは、

  •    ヒューストンの病院に受診
  •   RSV感染と判明した

乳幼児となります。

アウトカムについて

アウトカムに関しては、

  •   年齢・性別による入院率
  •   重症度

などをみています。

研究結果と考察

ほとんどの入院患者は肺炎または細気管支炎と診断されています。

95%は1歳未満で、75%は5ヶ月未満の乳児・新生児だったようです。

Dr.KID
Dr.KID
入院の大半は低月齢

1歳未満の入院率

  Rate
102/20,852 4.9
89/20,060 4.4
合計 191/40,912 4.7

入院率は男女差が微妙にあり、男児の方が0.5/1000ほど多いようです。

164名(81.1%)は6ヶ月未満の小児で、この月齢の入院率は7/1000を推定されているようです。

抗体価の比較

流行前と流行期で、RSV感染者 vs. ランダムサンプルで抗体価を比較しています。6ヶ月未満の小児が対象です。

流行前

Titer RSV+
(N=45)
RSV-
(N=339)
16 3 4
32 4 33
64 11 95
128 12 102
256 12 66
512 1 24
1024 2 12
2048 0 3
幾何平均 97 125

RSウイルスの感染していない乳児の方が、抗体が高い傾向にありました。

流行期

Titer RSV+
(N=23)
RSV-
(N=236)
16 3 0
32 6 17
64 6 41
128 5 72
256 3 76
512 0 20
1024 0 10
2048 0 0
幾何平均 62 158

流行期でも同じような傾向があります。

RSVに感染する小児の方が、抗体価は低い傾向にあるのが分かります。

 感想と考察

クラシックな論文でしたが、RSウイルスの疫学を知る上で重要なものと思います。

入院率は1歳未満、特に6ヶ月未満で高いのが分かります。また、母体からの抗体は予防効果はありそうなデータでしたが、抗体価が高いからと言って、必ず予防できるわけではなさそうです。

Dr.KID
Dr.KID
貴重なデータ!

まとめ

RSウイルスによる入院は、1歳未満(特に6ヶ月未満)に多い傾向にありました。

母体からの抗体は予防効果がありそうですが、高いからと言って必ず予防できるわけではなさそうです。

マミー
マミー
月齢が上がるほど、入院のリスクは下がるのですか?

Dr.KID
Dr.KID
一般的には、そう考えられています。

まとめ

  •  RSウイルス感染による入院率をみた研究
  •  入院率は1歳未満で 4.7/1000、6ヶ月未満で7.0/1000
  •  母体からの抗体価が高いほど感染リスクは下がるが、100%の予防ではない

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST