科学的根拠のある子育て・育児

食物繊維を摂取すると小児の便秘は改善するのか?

  •  便秘ならば食生活を改善しましょう
  •  野菜をしっかり摂取すると、便秘は改善します

などといった指導もあるようです。一方で、この指導には本当に科学的な根拠はあるのでしょうか?

今回は、グルコマンナンが慢性便秘症の改善に有効性を示した小児の研究をご紹介しようと思います。

マミー
マミー
便秘症に食物繊維って効くのですか?

ユーキ先生
ユーキ先生
昔から論文が出ているようです。

Dr.KID
Dr.KID
一緒に読んでみましょう。

ポイント

  •  食物繊維の一種であるグルコマンナンが便秘症に有効か検討した研究
  •  便性は改善し、排便回数が増えた
  •  消化管の便の通過時間には影響しなかった
参考文献

J Pediatr 2000;136:41-5

   グルコマンナンはこんにゃくなどに含まれますが、小さなお子さんへのこんにゃくは窒息の危険性があるので避けてください。

食物繊維を摂取すると小児の便秘は改善するのか?

研究の背景/目的

不十分な食物繊維摂取は,慢性便秘の原因として広く受け入れられている説明であり、特に食事摂取が困難な重度の脳の障害をもつ小児において認められる。

本研究の目的は,これらの小児における慢性便秘の治療として可溶性繊維であるグルコマンナンの有効性を評価することであった

研究の方法

重度の脳損傷および慢性便秘のある小児20人を対象に,グルコマンナン(10例)またはプラセボ(10例)による12週間の二重盲検ランダム化比較試験を行った。

治療期間の前後に,全小児において排便習慣,総および区域消化管通過時間,および肛門・直腸の運動性を評価した。

Dr.KID
Dr.KID
サンプル数はちょっと少ないですね。

研究の結果

グルコマンナンは排便回数を増加させたが,プラセボの効果はなかった。

緩下剤または坐剤の使用はグルコマンナンにより減少したが,プラセボによる影響はなかった。

便の硬さの臨床スコアはグルコマンナンにより改善され,週あたりの痛みを伴う排便のエピソードは減少した。一方で、プラセボによる減少は計測されなかった。

グルコマンナンもプラセボも合計および区域別の便の通過時間に測定可能な効果を示さなかった。

結論

脳に障害された子供では,グルコマンナンは排便頻度を改善するが,結腸運動には影響しない。

考察と感想

実際のデータを見てみると、12週間の時点で排便回数は1週間あたりで2回ほど増えていました。また、便の性状や痛みのスコアの改善も見て取れました。

一方で、腹部膨満や消化管の通過時間にはあまり影響しなかったようですね。

Dr.KID
Dr.KID
便性を柔らかくすることで、排便しやすくなったのでしょうかね。

まとめ

今回は、グルコマンナンの使用が、脳に重度の障害のある小児の便秘の改善に有効か検討したランダム化比較試験でした。

グルコマンナンを使用すると、便の性状が改善し、排便回数が増える傾向にあったようです。

 

詳しいデータはnoteの方で執筆しています:

食生活と便秘についてまとめたnote

小児の便秘症における食物繊維の考え方|Dr.KID 

created by Rinker
¥3,080
(2021/11/27 07:53:09時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:目からはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2021/11/27 12:41:45時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST