科学的根拠のある子育て・育児

下痢の時にミルクを薄めるべきなのか?[イングランド編]

  •  下痢の時、ミルクを薄めてください

という指導もあるようです。

ミルク(人工乳)は濃いから、薄めることで吸収しやすくし、腸への負担を和らげようという考えのもと、このような指導がされていることもあるようです。

一方で、この指導の根拠は乏しく、薄めることで、下痢によって減少した体重の回復が遅れる可能性もあります。

今回は、この点を触れた論文の解説をしようと思います。

ポイント

ミルクを薄めても、

  • 下痢の回数は減らず
  • 入院日数も短縮せず
  • 必要なエネルギーが摂取できず、体重の回復が遅れる

傾向にありました。

マミー
マミー
結局、下痢のとき、ミルクは薄めた方が良いですか?

Dr.KID
Dr.KID
過去の論文を見て、一緒に考えていきましょう。

近年の報告をみると、下痢の時に、ミルクを薄める必要はないと考えられています。

 研究の概要

今回は、小児の下痢において、ミルクを薄めるべきか、加水分解乳を使用すべきかを検討した研究になります。

イングランドで、1986年1月〜7月までに行われたランダム化比較試験(RCT)になります。

 対象患者

対象となったのは、

  •  9ヶ月未満
  •  軽症の胃腸炎

が対象です。

治療

治療は、24時間の脱水の補正を行なった後に

  •  ミルクを薄め、4日で元の濃さに戻す
  •  通常のミルク
  •  加水分解乳

をランダムにわりつけています。

国内のものですと、加水分解乳はE赤ちゃんなどが該当します(推奨ではありません)

created by Rinker
森永乳業
¥2,899
(2020/09/19 12:31:13時点 Amazon調べ-詳細)

研究結果

結果は以下の通りでした

1. 下痢の頻度

下痢頻度は、初日は

  •  ミルクを薄める:4回
  •  通常のミルク: 3.7回
  •  加水分解乳: 4.3回

でした。

4日目になると、

  •  ミルクを薄める:2.2回
  •  通常のミルク: 1.6回
  •  加水分解乳: 2.5回

となります。

2. 体重について

体重の変化ですが

  •  ミルクを薄める:-0.35  kg (SD, 0.5)
  •  通常のミルク: +0.65 kg (SD, 0.6)
  •  加水分解乳: +0.15 kg (SD, 0.2)

ミルクを薄めた場合、エネルギー摂取量が低下するため、減ってしまいました。

3. 入院期間について

  •  ミルクを薄める:4日 (SD, 0.2)
  •  通常のミルク: 3.6日 (SD, 0.6)
  •  加水分解乳: 3.5日 (SD, 0.4)

でした。ほとんど差はなさそうですね。

 感想と考察

今回の研究に関しては、小児が下痢をしたときに、あえてミルクを薄めたり、ミルクを変更したりという指導もあるようです。

ミルクを薄めても、下痢の回数や入院日数は減らず、むしろ体重回復の点からいえば、デメリットしかなさそうです。

Dr.KID
Dr.KID
薄めると何となくよさそうな印象もあるかもしれませんが、飲める状況なら薄めなくてよいでしょう。

まとめ

今回は、乳児の下痢に対して、ミルクを薄めるべきかを検討しています。

ミルクを薄めても、下痢の回数は減らず、入院日数も短縮せず、むしろ必要なエネルギーが摂取できず、体重の回復が遅れる傾向にありました。

類似の研究は多数出ているので、今後も報告していければと思います。

Dr. KIDの書籍(医学書)

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

新刊(医学書):小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/09/19 06:03:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。