乗り物酔い

乗り物酔いにおいてスコポラミン点鼻薬は有効?[ドイツ編]

今回は、乗り物いに対して点鼻型のスコポラミンは有効か、安全かを検証した研究の紹介です。

マミー
マミー
乗り物酔いに有効なお薬はありますか?

ユーキ先生
ユーキ先生
1990年くらいから、さまざまな研究がされていたようです。

Dr.KID
Dr.KID
論文を読んでみましょう

ポイント

  • スコポラミンの点鼻製剤の有効性を検証したRCT
  • プラセボや抗ヒスタミン薬と比較して、投与後30分以内に作用が発現し、乗り物酔いに有効
  • 鼻や咽頭上部の粘膜刺激の副作用は認められなかった

参考文献

Scopolamine nasal spray in motion sickness: a randomised, controlled, and crossover study for the comparison of two scopolamine nasal sprays with oral dimenhydrinate and placebo. Eur J Pharm Sci. 2001 May;13(2):227-32. doi: 10.1016/s0928-0987(01)00107-5. PMID: 11297908.

 2001年にドイツから公表されたようです

乗り物酔いにおいてスコポラミン点鼻薬は有効?[ドイツ編]

研究の背景/目的

スコポラミンが乗り物酔いの治療に成功したのは約100年前で、鼻腔内投与が最初に研究されたのは50年前である。しかし、鼻腔内投与用の製剤が登場することはこれまでになかった。

研究の方法

スコポラミンに安定で適切な製剤が見つかった。

ドイツ空軍航空医学研究所において、プラセボ対照と内的妥当性のためのプラセボ/プラセボ対照を含む無作為化、二重盲検クロスオーバーデザインで、有効性と安全性および忍容性を調べる試験が行われた。

スコポラミン点鼻薬の新しい、安定した、忍容性の高い製剤の有効性を評価するために、回転椅子による再現性のある全身振動の誘発を選び、船酔いスコア(SKS)の検証を行いました。

Dr.KID
Dr.KID
回転椅子で船酔いをシミュレーションしたようですね。

研究の結果

船酔いスコア(SKS)の低減を認めたことから、濃度0.2%のスコポラミン点鼻薬は、プラセボおよびジメンヒドリナートの両方に対して統計的に優れていることが示された。

また、鼻や咽頭上部の粘膜に刺激を与えるような兆候は見られなかった。

結論

スコポラミン点鼻薬は、投与後30分以内に作用が発現し、乗り物酔いに有効で安全な治療法であることが明らかになった。

考察と感想

ジメンヒドリナートは抗ヒスタミン薬のようです。

スコポラミンの点鼻薬はプラセボやジメンヒドリナートと比較して回転椅子による乗り物酔い症状を軽減させるこうかがあったようですね。

残念な点としては、日本ではスコポラミンの点鼻製剤はないことですね。

Dr.KID
Dr.KID
味などで内服が困難な場合に点鼻は役立ちそうな気がします。

まとめ

スコポラミンの点鼻製剤の有効性を検証したRCTです。

プラセボや抗ヒスタミン薬と比較して、投与後30分以内に作用が発現し、乗り物酔いに有効で安全な治療法であることが明らかになった

また、鼻や咽頭上部の粘膜刺激の副作用はないことが示唆された。

 

 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/04/24 20:06:43時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。