賢明な医療の選択

合併症のない乳児の生理的胃食道逆流に対して投薬しない

今回は、乳児の生理的胃食道逆流と投薬に関してです。

この推奨を「choosing wisely」ではどのように記載されているのか紹介してみようと思います。

ユーキ先生
ユーキ先生
乳児の生理的胃食道逆流と投薬に関して、どうなっているのでしょうか?

Dr.KID
Dr.KID
Choosing wiselyを見てみましょう。

ポイント

  •  Choosing wisely:乳児の生理的胃食道逆流と投薬に関して
  •  消化管運動促進薬や制酸薬を投与しない
  •  検査もルーチンで行わない

  American Academy of PediatricsからのChoosing Wisely

合併症のない乳児の生理的胃食道逆流に対して投薬しない[Choosing wisely]

Avoid using acid blockers and motility agents such as metoclopramide (generic) for physiologic gastroesophageal reflux (GER) that is effortless, painless, and not affecting growth. Do not use medication in the so-called “happy-spitter.”

There is scant evidence that gastroesophageal reflux (GER) is a causative agent in many conditions though reflux may be a common association. There is accumulating evidence that acid-blocking and motility agents such as metoclopramide (generic) are not effective in physiologic GER. Long-term sequelae of infant GER is rare, and there is little evidence that acid blockade reduces these sequelae. The routine performance of upper gastrointestinal (GI) tract radiographic imaging to diagnose GER or gastroesophageal disease (GERD) is not justified. Parents should be counseled that GER is normal in infants and not associated with anything but stained clothes. GER that is associated with poor growth or significant respiratory symptoms should be further evaluated.

 

生理的胃食道逆流(GER)で、辛さや痛みがなく、成長にも影響がないものには、制酸剤や消化管運動促進薬(メトクロプラミドなど)の使用は避ける。いわゆる “ハッピースピッター “への投薬はしない。

逆流は共通の関連性があるかもしれませんが、胃食道逆流(GER)が多くの疾患の原因となっているというエビデンスはほとんどありません。

メトクロプラミドのような消化管運動促進薬や制酸薬は生理的GERには効果がないというエビデンスが蓄積されている。

乳児期のGERの長期的な後遺症はまれであり、制酸薬がこれらの後遺症を軽減するというエビデンスはほとんどない。

上部消化管(GI)のX線画像診断を、GERや胃食道疾患(GERD)の診断のために日常的に行うことは正当化されていない。

乳児のGERは正常であり、衣服の汚れ以外には関係がないことを保護者に説明すべきである。一方で、成長不良や呼吸器症状に関連したGERはさらに評価すべきである。

考察と感想

成人とは異なり、乳児の食道括約筋の機能は未熟であるため、胃から食道、口へと逆流する傾向にあります。

これは病気でないことが多く、ほとんどは自然に軽快します。大まかにですが、生後1ヶ月では9割前後の小児が逆流します。しかし、1歳時点では1割まで自然に減少すると言われています。

ミルクや母乳を飲んで吐いてしまったとしても、本人がケロッとして元気であれば、投薬や特別な検査は必要ないのでしょう。

まとめ

今回は、乳児の生理的胃食道逆流と投薬しないに関するchoosing wiselyをご紹介しました。

これ以外にも項目が出ているようなので、コツコツと読んでいこうと思います。

 

created by Rinker
¥6,600
(2021/09/16 16:16:17時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2021/09/17 10:53:16時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

当ブログの注意点について

当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。