科学的根拠のある子育て・育児

【note】乳幼児へのインフルエンザワクチンの有効性のまとめ【宣伝】

「乳幼児にインフルエンザワクチンは効かない」って本当ですか?

をテーマにnoteを書き上げました。

小児におけるインフルエンザワクチンに関して、

  •  年齢が低いと、予防効果も低くなる
  • 「3歳以下での効果は極めて低い」
  •  1歳未満の乳幼児への有効性は証明されていない

などと言ったネガティブな内容で説明されているようです。

しかし、これらの文言に対して「いつ・どこで・誰に対して行われた研究か?」を明確にして、説明されている例は少ないです。

そこで、今回は乳幼児に関するインフルエンザワクチンに関する文献を徹底的に読み込んで、「本当に有効性がないのか?」を確認しました。

詳細はnote(有料)を読んでいただきたいのですが、先にポイントだけあげておきます。

ポイント

  •  多くの学術団体・公的機関は、「生後6ヶ月からのインフルエンザワクチンを推奨」しています
  •  生後6〜35ヶ月においても、インフルエンザワクチンの有効性を証明した研究は多数あります
  •  インフルエンザ感染予防、合併症や重症化のリスク回避の為にも、インフルエンザワクチンの接種は重要

今回のnoteでは、書籍・論文を合わせて30本以上読み込んで、執筆しています。

マミー
マミー
論文と言われると少し敷居が高いでしょうか?

Dr.KID
Dr.KID
最後にわかりやすく、Q&A形式にして、以下の点にもお答えしています。

 

Q&A

  1.  インフルエンザに乳幼児がかからないためには?
  2.  インフルエンザワクチンは、いつ頃接種すべき?
  3.  すでにインフルエンザに罹患しましたが、ワクチンを接種する意味はある?
  4.  乳幼児へのワクチンの効果・有効性は本当?
  5.  「インフルエンザワクチンを接種したが、インフルエンザにかかった」という方を多数聞いて、接種する意味ってあるのですか?
  6.  乳幼児へのワクチンの副反応は?
  7.  どうして、乳幼児へのインフルエンザワクチンの予防接種を推奨しない医療機関がありますか?

 

マミー
マミー
かなり盛り沢山な内容ですね?

Dr.KID
Dr.KID
約17000字が詰まっています。150円のnoteですが、ペットボトル1本分くらいの価値はあると思っています。

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログ・noteは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。