ガイドライン

【小児肥満】こどもの肥満の定義と問題点【肥満度・ローレル指数・Kaup指数・CDC/WHOの基準】

  • 『どこからを小児の肥満といいますか?』
  • 『こどもの肥満の基準について教えてください』
  • 『小児の肥満の基準は、国内(肥満度・ローレル指数・Kaup指数)と海外(CDC・WHOなど)で異なるのでしょうか?』

など、小児の肥満の定義や基準について疑問が思い浮かびます。

今回はこれらの質問にお答えします。

結論からいうと、日本は独自の方法でこどもの肥満を定義しており、ややガラパゴス化しています。

 はじめに:これまでの小児肥満の記事

小児の肥満について、これまでに様々な記事を書いてきました。

 こどもの肥満は将来の糖尿病や心疾患のリスクになりえるので、早い時期からの対応が望ましいのですが、なかなか一筋縄ではいきません。 

www.dr-kid.net

小児肥満について「どこから肥満というか?」という基準は曖昧です。

というのも、肥満を定義する指数はたくさんあるのですが、どれを使うべきかは実ははっきりしていません。例えば、国内では

  • 肥満度
  • BMI

 を使用しています。

場合によっては、Kaup(カウプ)指数やRohrer(ローレル)指数が使われていることがあります。

一方で、CDC(アメリカ)やWHOは、それぞれ異なる基準を用いて

  • Weight-for-length
  • BMI for age

という指標を提唱しています。

今回は、小児肥満の指標や定義について解説していこうと思います。

小児肥満とはなにか?

こどもの肥満と過体重について

一般的に体重が増えるにつれて、正常体重から過体重(overweight)になり、最終的に肥満(obesity)になります。

海外(アメリカやWHO)のガイドラインでは、この点を考慮した記載がされています。

ここで肥満の定義ですが、肥満とは、

  • 身体に脂肪組織が過剰に蓄積した状態

といえます。これをもう少し医学的に解釈すると、医療者にとって肥満とは

  • 治療介入を要する状態

といえます。一方で、過体重とは

  • 医学的評価を要する状態

です。

残念ながら日本の小児肥満のガイドラインや肥満度については、海外の考え方と大きくことなる名称が使われています。

 

小児肥満の指標について

どこからこどもの肥満というかは、

  • 肥満度
  • BMI

などをもとに判断されています。

 肥満度と小児肥満について

日本では肥満度を使っていますが、この指標は6〜17歳を対象にしています。

計算方法はシンプルで、

f:id:Dr-KID:20180826090016p:plain

の数式で計算できます。

標準体重は学校保健統計による性別・年齢・身長別の標準体重を使用することになっています。

6〜17歳では、

  • 肥満度 20%以上:肥満
  • 20〜30%:軽度肥満
  • 30〜50%:中等度肥満
  • 50%以上:高度肥満

と分類されています。

 BMIとこどもの肥満について

アメリカや欧州諸国、WHOなど、海外ではBMIのパーセンタイルを使っています。

手計算は容易ではないため、自動計算サイトを利用されるとよいと思います。

www.cdc.gov

身長・体重・性別からBMIとZ-scoreを計算してくれ、最終的にBMIのパーセンタイルがわかります。BMIのパーセンタイルが

  • 85パーセンタイル以上:過体重
  • 95パーセンタイル以上:肥満

とされています。

特にWHOの提唱するBMIパーセンタイルは、人種差を考慮し、最も汎用性があるといわれています。(ですが、私はその根拠まで詳しくはしりません)

 日本の小児肥満の基準(肥満度)に関する問題点

上の分類をみていただくとわかるのですが、日本の小児肥満の指標は欧米やWHOのものと大きく異なります。

そもそも日本の基準でいう「軽度肥満」が、WHOやCDCでいう「過体重」になるのかすら不明です。

英文雑誌では、ほとんどがBMIパーセンタイルを使用しています。日本の基準がかなりガラパゴス化しているのが現状です。

肥満学会は「肥満度」にこだわる理由を『BMIパーセンタイルを使っても、体格の異なる個体が多数存在するため問題がある。このため「肥満度」の使用を推奨する』とガイドラインで述べています。(真意がわかりづらい文章ですよね)

根拠として以下の文献があったので、読んでみようと思います:

 

まとめ

今回は小児肥満の定義や指標について、簡単に解説してきました。

また、日本の基準は国際的なものと比較してもかなり異質であることは、小児にかかわる医療者は知っておいた方がよいと考えています。

私個人としては、論文で小児肥満を計測する際は、WHOのz-scoreを使用しています(肥満度といっても海外の査読者に理解してもらえないケースが多いからです)。

 

小児肥満症診療ガイドライン2017

小児肥満症診療ガイドライン2017

 

 あわせて読みたい 

www.dr-kid.net