ホームケア

アタマジラミ寄生症について解説します

アタマジラミ寄生症って何ですか?

アタマジラミ寄生症は、『アタマジラミ』という虫への感染症のことをいい、世界中で流行しています。
幼児・学童で多いため、幼稚園・保育園・小学校で集団発生することが、しばしばあります。

Dr.KID
Dr.KID
いわゆる「シラミ」ですね!

アタマジラミの原因について

47

原因は、このグロテスクな虫です(上の図)。
この成虫は、正式には『Pediculus capitis(アタマジラミ)』という学名がついています。

体調は3mm〜4mm程度と小さいですが、目でギリギリ見ることができます。

この成虫は、1日当たり3個〜4個の卵を産みます。
卵は1週間で孵化し、2週間で成虫となるため、放置すると、どんどん数が増えていきます。

アタマジラミの症状を教えてください

アタマジラミは痒みが強いです

アタマジラミの特徴は、なんと言っても、非常に強い掻痒感 (かゆみ) でしょう。

アタマジラミに罹ったのに気づくのも、『頭がかゆい』といって気づかれることがほとんどです。

56

頭皮の二次感染に注意

痒みが強いため、頭を強く掻きむしってしまい、頭皮が傷ついてしまうことがあります。
傷ついた皮膚に、別の細菌が感染することがあります(二次感染)。
二次感染をすると、皮膚炎を起こすことがあります。
頭皮を傷つけないよう、お子さんの爪を短く切っておくとよいでしょう。

 アタマジラミの診断

アタマジラミは見た目ですぐに分かるので、特別な検査は不要です。
髪と頭皮をくまなく観察して、シラミの卵を探します。

11

上の写真のように、毛根から1〜2cmくらいの場所に、白っぽい塊(シラミの卵)が付着していれば、おそらくシラミでしょう。

頭皮のフケと迷うことがあるかもしれませんが、フケは簡単にとれますが、シラミの卵は髪の毛に強く付着しているため、容易に取れなません。

Dr.KID
Dr.KID
簡単に取れないのが特徴で、フケとの区別に役立ちます。

アタマジラミの治療法

スミスリン・シャンプー

一番メジャーな治療は、スミスリン・シャンプーでしょう。
このシャンプーには、シラミの駆除にとても優れた成分が入っており、効率的にシラミの成虫・幼虫を効果的に退治できます。

シャンプーの使用方法は:

  1. 髪の毛をぬるま湯で濡らす
  2. スミスリンシャンプーを10〜20mlをとる
  3. 髪・頭皮をまんべんなくシャンプーする
  4. 5分くらい放置する
  5. しっかりと洗い流す

の順に行います。

スミスリンを使用した洗髪は、毎日やる必要はありません。

3日に1回はスミスリンを使って洗髪し、3回〜4回程度くりかえすと、シラミが駆除されます。
治療がうまくいけば、およそ2週間でアタマジラミを退治できます。

また、家族内感染を防ぐため、スミスリン・シャンプーは家族全員行いましょう。

スミスリン・シャンプーの注意点と欠点

使用上の注意点として、頭に傷があったり、湿疹がある場合、スミスリン・シャンプーがしみることもあるため、慎重に使用しましょう。

また、このシャンプーへのアレルギー体質の方は使用できません。

このシャンプーの欠点は、『アタマジラミの卵には効かない』ことでしょう。
アタマジラミの幼虫・成虫のみに有効なので、卵から孵化したタイミングを狙って使用する必要があります。

通常、アタマジラミの卵は3日くらいで孵化するため、シャンプーも3日程度の間隔で、3回〜4回くらい使い続けるのです。

最近、沖縄では耐性化が進んでおり、かなり効きづらいそうです。

アタマジラミの専用櫛を使う

 アタマジラミ専用の櫛を使用すると良いでしょう。
この櫛は、目が細かく、櫛の長さが長く、成虫やシラミの卵を駆除しやすいように設計さあれています。

この櫛で直に髪をとくと、引っ張りすぎて痛がったり、髪が抜けてしまうこともあるので、トリートメントなどをつけて、髪の滑りを良くすると、スムーズにできます。

トリートメントでなく、椿油を使う方もいるようです。

 

家族内感染や再発を予防しましょう

家族内感染を予防するため、 タオル・帽子・ヘルメットなど、頭の触れるものの共有はやめましょう。

衣類・寝具にアタマシラミが寄生していることがあるためです。

衣類・寝具・帽子などは、55℃以上のお湯に最低10分ほど浸すとよいでしょう。
アタマジラミは熱に弱いので、お湯につけるだけで死滅してくれます。

アタマジラミは髪から落ちても、数日間は生息しています。 
絨毯や畳などに寄生するケースもあるので、掃除をマメにするよう心がけましょう。

Dr.KID
Dr.KID
アタマシラミは熱に弱いので、お湯に浸したり、乾燥機で死滅させると良いでしょう。

どうしても治らない場合

アタマジラミがどうしても治らない、再発を繰り返してしまう場合、最終手段として髪の毛を短くするのが良いでしょう(特に男の子の場合)。

髪が短ければ、シラミは頭に生息できなくなるためです。

Clarity of vision
Dr.KID
Dr.KID
これは最終手段ですね。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。