科学的根拠のある子育て・育児

幼児期のスクリーンタイムは、小学校での成績に影響する?[カナダ編]

スクリーンタイム(テレビなどの画面の視聴時間)について、18〜24ヶ月未満の乳幼児は、基本的に設けないことが推奨されています。なた、2〜5歳に関しては、1時間未満が良いとされています。

この理由の1つとして、学業やライフスタイルに悪影響する可能性があります。

今回は、その点を見た論文をご紹介します。

ポイント

  •  カナダで行なわれたコホート
  •  テレビ・電子機器と小児の幸福度などを検討
  •  使用時間が長いと、感情的な問題や家庭機能不良のリスクは高まる傾向
マミー
マミー
スクリーンタイムってどうなのでしょうか?

Dr.KID
Dr.KID
過去の文献をみてみましょう。

スクリーンタイムは、米国小児科学会は2016年の改訂で、2歳未満は0時間(みせないこと)、2〜5歳は1時間までを推奨しています。テレビなどを観る際も、保護者と一緒にみることを推奨しています。

オーストラリアも似たような方針を出しています。

 研究の概要

背景・目的:

今回の研究は、幼児期のテレビ曝露が、小学校4年生の学業、心理社会的およびライフスタイル特性に与える影響を推定している。

方法:

カナダのケベック国立統計研究所によって行われた前向きコホート研究である。

合計1314名の小児が対象となっている。

メディアへの暴露は、生後29ヵ月および53ヵ月時点での、テレビへの1週間の曝露時間に関するデータである。このデータは、親からの報告をもとにしている。

10歳時の学術的、心理社会的、健康的行動とBMIを従属変数にして、回帰分析を行い、早期および就学前のテレビへの暴露の影響を推定している。

Dr.KID
Dr.KID
時制(Temporality)はしっかりしてますね。

結果:

既存の個人および家族の因子を統計モデルで調整すると、 29か月でのテレビ曝露が1時間増えるごとに、教室への参加は7%減少(95%信頼区間[CI], -0.02~-0.004)および数学的達成は6%(95% CI、-0.03から0.01)減少した。

さらに、29か月でのテレビ曝露が1時間増えると、

  • 同級生からの被害が10%増加(95% CI、0.01から0.05)
  • 週末の身体活動に費やす時間を13%短縮(95% CI、0.81から2.25)
  • 肉体労働を伴う活動で9%減少(95% CI、-0.04から0.00)
  • ソフトドリンクの消費スコアが9%上昇(95% CI、0.00から0.04)
  • スナックの消費スコアが10%上昇(95% CI、0.00から0.02)
  • BMIが5%増加 (95% CI、0.01から0.05)

といった結果でした。

就学前のテレビ暴露においても、類似の傾向を示していました。

結論:

早期にメディアへの長時間の曝露は、青年期における不健康な気質と関連しており、この発達経路を示す可能性がある。

このようなリスクについての集団レベルの理解は、子どもの発達を促進するために不可欠である。

考察と感想

IDEFICSは初めて聞いたコホートですが、欧州8カ国で行なわれた、わりと大規模な小児のコホートですね。

論文中のTable 3が結果の要約としてはよさそうで、

女児は、

  •  同僚との問題:平日のPC + ゲーム
  •  感情的な問題:平日のPC + ゲーム

あたりが大きく影響していそうな印象でした。

一方で、男児は大きくORをあげるものはなかったですが、PCより平日のテレビが家庭の機能に悪影響しているようです。

Dr.KID
Dr.KID
テレビや電子機器の使いすぎは、注意したいですね。

この論文では[dose-response relationship]を検証といっていたのですが、統計モデルはlinearityを仮定している点がやや残念でした。spline modelとかを使用して、データを見せるなど工夫があってもよかったと思っています。

まとめ

今回の研究は、欧州8カ国で行なわれたコホート研究で、テレビや電子機器が小児に与える影響をみています。

テレビや電子機器の過剰な使用は、小児の感情的な問題や家庭の機能に悪影響する可能性が示唆されていました。

 

created by Rinker
¥1,584
(2020/09/20 06:03:32時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDが執筆した医学書:

小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/09/20 06:03:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST