科学的根拠のある子育て・育児

乳児の排便回数は、月齢とともに少なくなっていく[日本編]

  •  子供の便の回数が少ないのですが大丈夫でしょうか
  •  他の子が1日にどのくらいしているのか知りたいです

乳幼児の排便は、月齢とともに大きく変化します。

例えば、新生児期は1日3ー4回前後が平均と言われ、その後は徐々に減少していき、1歳で1日2回ほど、3−4歳で1日1回くらいに落ち着くのが分かっています。

排便回数に関して、0歳を対象にした、日本のデータを参考にしてみました。

マミー
マミー
子供って何回便をするのが正常ですか?

ユーキ先生
ユーキ先生
年齢によって回数は異なるようです。

Dr.KID
Dr.KID
日本の論文ですが、一緒に見てみましょう。

 

ポイント

  •  小児の排便回数を調査した研究
  •  生後1ヶ月から3ヶ月に書けて減少傾向
  •  最初の3ヶ月は、粉ミルクの方が排便回数が少ない
参考文献

Bowel frequency, Constipation, Infants, Children. Jpn.J.Pediatr.Surg,40(2);142~145, 2008.

   日本からの論文です

乳児の排便回数は、月齢とともに少なくなっていく[日本編]

研究の背景/目的

乳児の正常な排便回数を調査した。

研究の方法

​​健康な乳児206例を対象に, 1, 3, 6, 9か月健診時および1歳健診時の排便回数を調査した。

Dr.KID
Dr.KID
日本で行われた研究で、貴重なデータですね。

研究の結果

生後1ヶ月時点での排便回数の平均は4.84回で、1歳時点では1.8回まで減少した。

​同時に便秘と診断された1058名の患者のほとんどは自然治癒し, 便秘の患者数は子供の成長と共に減少した。

​重度の便秘の一部は, さらなる治療のために小児外科医に紹介された。

結論

​日本人小児便秘症の診断と治療ガイドラインを作成するためには,さらなる大規模研究が必要である。

考察と感想

2008年時点の論文ですので、まだ便秘症のガイドラインがなかったため、このような結論になっています。現在は、便秘症のガイドラインが作成されています。

created by Rinker
¥1,980
(2022/12/04 16:40:26時点 Amazon調べ-詳細)

WebPlotを使って1日当たりの排便回数平均値を読み取ると、以下のようなデータでした:

月齢 全体 母乳 混合 ミルク
1 4.8 6.1 2.3 3.9
3 2.2 2.9 1.3 1.4
6 1.8 1.8 2.1 1.4
9 1.8 1.6 1.7 2.1
12 1.8 1.6 1.9 1.5
Dr.KID
Dr.KID
生後6ヶ月以降は、排便回数はどの栄養方法でも変わらないですね。

まとめ

今回は、正常な小児の、1〜12ヶ月までの排便回数についての研究でした。

排便回数は最初の1ヶ月は5回前後ですが、1歳になる頃には1日2回前後に落ち着くようです。

 

まとめnoteもあります。

ここにボックスタイトルを入力

小児の便秘症における食物繊維の考え方|Dr.KID

 

created by Rinker
¥1,980
(2022/12/04 16:40:26時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2022/12/05 04:06:48時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。