インセンティブ

妊娠中の禁煙に対する金銭的インセンティブは母子のアウトカムに有効?[フランス編]

今回は、金銭的なインセンティブが妊娠中の喫煙やそれに関連したリスクにどのような変化をもたらすかを検討した研究の紹介です。

マミー
マミー
禁煙は、妊娠中の喫煙に関連するリスクや出生時の悪影響を防ぐために非常に重要ですか?

ユーキ先生
ユーキ先生
さまざまな研究がされていたようです。

Dr.KID
Dr.KID
論文を読んでみましょう

ポイント

  • 金銭的なインセンティブが妊娠中の喫煙やそれに関連したリスクにどのような変化をもたらすかを検討RCT
  • 妊婦の禁煙の継続率は上昇した
  • いくつかの新生児のアウトカムでは改善を認められた

参考文献

Berlin I, Berlin N, Malecot M, Breton M, Jusot F, Goldzahl L et al. Financial incentives for smoking cessation in pregnancy: multicentre randomised controlled trial doi:10.1136/bmj-2021-065217

 2018年にUKから公表されたようです

b

研究の背景/目的

妊娠中の喫煙者を対象に,継続的な禁煙に対する金銭的インセンティブが禁煙および出産アウトカムに及ぼす効果を評価することを目的に研究が行われた。

研究の方法

無作為盲検化比較試験が、フランスの18の産科病棟で行われた;Financial Incentive for Smoking Cessation in Pregnancy(FISCP)トライアル。

18歳以上の妊娠中の喫煙者が対象で、タバコ5本/日以上または巻きタバコ3本/日以上の喫煙者で妊娠18週未満の460名を、金銭的インセンティブ群(n=231)または対照群(n=229)に無作為に割り付けた。

金銭的インセンティブ群では、20ユーロ(17ポンド、23ドル、2400円)相当の商品券を受け取り、禁酒を継続した場合は、研究訪問ごとにさらに段階的に商品券を増額しました。

対照群では、禁酒のための金銭的インセンティブは与えられなかった。

すべての参加者は、6回の訪問のたびに20ユーロの参加費を受け取った。

主要アウトカム指標は、禁煙開始後の最初の訪問から出産前の訪問6までの継続的な禁煙であった。

母親の副次的アウトカムは、

  • 禁煙ポイント数
  • 喫煙再発までの時間
  • 離脱症状
  • 血圧
  • 過去30日間のアルコール
  • 大麻の使用

であった。

赤ちゃんの副次的アウトカムは,

  • 出生時の週数
  • 出生時の特徴(出生体重,体長,頭囲,アプガースコア)
  • 新生児転帰不良(新生児室への移動,先天性奇形,けいれん,周産期死亡の複合的な指標)

であった.

Dr.KID
Dr.KID
実臨床に沿ったアウトカムですね。

研究の結果

参加者の妊婦の平均年齢は29歳であった。

経済的インセンティブ群と対照群では、それぞれ137(59%)と148(65%)が雇用されており、163(71%)と171(75%)が交際中で、41(18%)と31(13%)が既婚者であった。

参加者は過去7日間に中央値で60本のタバコを吸ったことがあった。

継続的禁煙率は,金銭的インセンティブ群(16%,38/231)が対照群(7%,17/229)よりも有意に高かった:オッズ比 2.45(95% 信頼区間 1.34 ~ 4.49),P=0.004).

点有病者禁煙率はコントロール群より高く(4.61,1.41~15.01,P=0.011),再発までの期間の中央値は長く(訪問5(四分位範囲3~6),訪問4(3~6),P<0.001),タバコへの渇望はコントロール群より低い(β=-1.81,95%信頼区間-3.55~-0.08,P=0.04)ことがわかった。

金銭的インセンティブは,新生児転帰不良のリスクを 7%減少させることと関連していた.経済的インセンティブ群では 4 例(2%),対照群では 18 例(9%)

経済的インセンティブ群では対照群よりも出生時体重が2500g以上の赤ちゃんが多いことが示唆された.ただし、これらはpost-hoc分析であるため、結果の解釈には注意が必要である。

結論

禁煙に報いる金銭的インセンティブは,金銭的インセンティブがない場合と比較して,妊娠中の喫煙者における禁煙率の上昇と関連していた。

禁煙に依存する金銭的インセンティブは、妊娠中の喫煙者の禁煙を支援する安全かつ効果的な介入として実施できる可能性がある。

 

考察と感想

インセンティブは禁煙を継続すればするほど増える方式で、最大で520EUROもらえたようです。禁煙していなければ、参加費のみで140EUROだったようです。

禁煙だけでなく、新生児の体重は統計学的な有意差はないものの、やや高く(50gほど)なっていたようです。

その他のアウトカムに関しては複合アウトカムなので、解釈にはやや難がある気がします。

Dr.KID
Dr.KID
赤ちゃんの長期の追跡もできていないので、その後の喘息の発症率とかどうなのか気になりますよね。

まとめ

禁煙に意欲的な妊娠喫煙者において、段階的に禁煙に報いる金銭的インセンティブは、連続禁煙率および点有病率の上昇と関連し、ポストホック分析では出生時体重2500g以上の新生児数を増加させるようであった。

今後の研究では、出産後の禁煙に対する金銭的インセンティブの長期的な有効性を評価する必要がある。

 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:目からはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2022/11/28 03:50:53時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。