ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記〜

読書はこどもの教育・言語発達の基本です

【スポンサーリンク】


言葉の教育は、すべての子供にとって重要です

読書はこどもの教育において、ものすごく大事です。
新生児や乳児など、言葉を理解できそうな年齢でも、読み聞かせをしてあげたり、話しかけることで、言葉の発達を手助けできます。

f:id:Dr-KID:20170830205013p:plain

■ こどばの教育方法について

こどもに言葉の教育をする方法は;

  • 歌を一緒に歌う
  • 話しかける
  • 一緒に本を読む

がよいでしょう。

年齢に応じて、楽しみながら、繰り返し行える方法が最も優れています。

■ 慣れてきたら言葉の理解を確認してみましょう

言葉の教育において重要なのは、保護者が言ったこと、示したことに対する理解を確認する、という点です。

保護者の言った言葉を繰り返してくれれば子供は理解していると判断できます。

あるいは、写真や絵が豊富にある本で一緒に指差しをしながら言葉を覚えていくとよいでしょう。
できるだけ生の言葉で伝えてあげましょう。

f:id:Dr-KID:20170917151848p:plain

保護者からの生の言葉のほうが、子供の早期発達に有効であることがわかっています。

テレビやパソコンなどの画面からの言葉や教育は、こどもの発達に悪影響があるかもしれないといわれています。

こどもと一緒に本を読む習慣をつけましょう

毎日こどもと一緒に本を読む習慣をみにつけましょう。
日々の生活のルーチンとしてしまうことをオススメします。

例えば、夜に眠る前は必ず一緒に本を読むという習慣をつけるとよいでしょう。

こうすることで、本を読む習慣がつきますし、こどももそろそろ眠る時間なんだと理解するようになります。

この習慣は、乳児〜幼児期だけでなく、小学生以降も続けることができます。

読書がもたらすメリット

読書をすることで、かなり多くのメリットがあります。
以下に具体例を説明します:

① 言葉や認知機能の発達が促される

読書では大量の言葉を浴びるため、言葉そのものや認知機能が発達します。
これは学校での成績だけでなく、社会に出てからも必ず役に立ちます。

② 本を読むと手先が器用になる(乳幼児)

本を読む時に、ページをめくらなければなりません。
乳幼児ですと、まだ手先が器用でないため、本のページをめくる作業が手の動きの発達に役立ちます。

③ 本は記憶や性格にも影響する

本を読むことで、色んなことを記憶するようになります。

また、本という登場人物の心理を察するようになり、相手の心情を考えられるこどもに育つといわれています。

④ 読書は将来の仕事や収入を保証する

読書を通してこどもは言葉を覚えたり、認知機能が向上したりします。

この結果、勉強など学ぶことに積極的になり、最終的には学校の成績なども向上するでしょう。
読書を通して勉強の基礎体力が身に付きます。

結果として、いい成績になる、いい学校に入れる、安定した生活を送れる、といった将来的に大きなメリットがあります。

■ 世界一の投資家の言葉を信じよう

f:id:Dr-KID:20170917152712p:plain

世界一の投資家であるWarren Buffettは、読書家として有名です。
彼の有名な言葉で:

『知識は複利のように積み上がる』

『読書の効能は複利のように積み上がり、やがて大きな富を呼びこむ』

といっています。

バフェットからの手紙 第4版 (ウィザードブックシリーズ)

バフェットからの手紙 第4版 (ウィザードブックシリーズ)

 

 数多くのこどもの教育の研究がされており、読書などを通した早期教育が、こどもの将来の社会・経済的状況(教育レベル、地位、収入、安全な居住地域など)が改善することが分かっています。

こどもの将来を案ずるなら、まずは読書を通じた教育をされるのがよいでしょう。

言葉の学習は生後6ヶ月以降から劇的に伸びるといわれていますので、ぜひ早期から始めるとよいでしょう。

 ■ おすすめ記事:【書評】「学力」の経済学(中室牧子)

www.dr-kid.net