新型コロナウイルス

新型コロナウイルスに感染した妊婦と新生児の経過 [システマティック・レビュー]

今回は、イタリアにおいて、新型コロナウイルスに感染した妊婦と新生児の経過をまとめた、システマティック・レビューについて解説していきましょう。

内容が盛りだくさんでしたので、新生児についてのみフォーカスを当てます。

ポイント

  •  新型コロナウイルスに感染した妊婦と、その新生児(N = 256)の経過
  •  胎盤・羊水・臍帯血・母乳のPCRはいずれも陰性
マミー
マミー
新型コロナウイルスに妊婦が感染するとどうなりますか?

Dr.KID
Dr.KID
色々と報告はあるようです。過去の文献をみてみましょう。

  新生児256例のシステマティックレビューです。

 研究の概要

33の研究から、385名の妊婦が新型コロナウイルスに感染しているのがわかったようです。このうち、既に出生した新生児の数は256名のようです。

  •  早産(< 37週):39 (15.2%)
  •  低出生体重(<2500g): 20 (7.8%)
  •  子宮内胎児時ストレス: 20 (7.8%)

の内訳でした。出生時のアウトカムですが、

  •  NICU入室:8(3.1%)
  •  器械換気:3 (1.2%)
  •  RDS: 12 (4.7%)
  •  新生児肺炎:3 (1.2%)
  •  DIC: 3 (1.2%)

のようです。死亡例は3例いて、2例は妊婦が重症であったようです。1例は出産前の出血が原因のようです。

PCRや抗体検査は?

新生児の抗体をチェックしていますが、

  •  IgM陽性:3例
  •  IgG陽性:6例

のようです。(分母は不明)

臍帯血、羊水、胎盤、母乳に関しては、いずれもPCR陰性だったようです。内訳は以下の通りです:

  •  臍帯血:0/30
  •  羊水: 0/23
  •  胎盤:0/12
  •  母乳: 0/26

 

感想と考察

これまで見てきた論文が多かったですが、一部は目を通していない論文も含まれている印象です。

システマティックレビューは非常にありがたいのですが、データの提示の仕方をもう少し整理してくれるとありがたかったです。例えば、IgMとIgGのところは、分母が不明です。

また、臍帯血・羊水などは、分母・分子が提示されてはいますが、どの論文から何例を引っ張ったきたのかも分からない状態です。これだと、数字の正確性を確認することも難しです。データの索引も本文中で1つずつ明記すべきでしょう。

Dr.KID
Dr.KID
少しお作法通りでないと思いました。

まとめ

今回は、新型コロナウイルスに感染した妊婦から出生した新生児256例のシステマティックレビューを解説しました。

このレビューによると、今のところ、臍帯血・胎盤・羊水・母乳から新型コロナウイルスのPCRが検出された例はいないようです。

 

今、大塚先生の本を読んでいますが、面白いですね。皮膚科の勉強にもなります↓↓

created by Rinker
朝日新聞出版
¥1,320
(2020/06/06 17:58:21時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの書籍(医学書)

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

新刊(医学書):小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/06/07 05:27:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。