科学的根拠

小児の急性鼻副鼻腔炎の治療は、鼻洗いで十分で、抗生剤は不要なのか?

小児は頻繁に風邪をひきますし、風邪と一緒に副鼻腔炎を併発してしまうこともあります。
小児科外来受診の主な原因の1つであり、例えばアメリカですと年間18億ドルの医療コストがかかっていると考えられているようです。

急性副鼻腔炎ですが、最初は風邪の症状と変わりないのですが、風邪の症状が1週間〜2週間以上続き、時にさらに鼻水や痰がらみの咳が悪化したりする特徴があります。

小児の副鼻腔炎について簡単に解説をします副鼻腔炎とは、副鼻腔という鼻の奥にある空洞に炎症が起きた状態をいいます。 副鼻腔ってどこですか? 副鼻腔は; 前頭洞 蝶...

鼻を生理食塩水で洗浄することで、副鼻腔炎の症状が軽快することがあります。
しかし、小児においてこの科学的根拠は限定的であるため、今回の研究が行われたようです。

研究の方法

今回の研究は、エジプトで行われたランダム化比較試験です。対象となったのは、

  •  10日〜28日の上気道症状
  •  膿性鼻汁、上顎や前頭の痛み。発熱などの症状があり
  •  薬の内服はなし
  •  慢性疾患なし

などを基準にしています。

治療について

治療は0.9%生理食塩水を15-20mlほど、1日1〜3回を基準に鼻洗いし、さらに

  •  アモキシシリン(抗生剤)あり
  •  プラセボ(抗生剤なし)

をランダムに割付ています。

アウトカムについて

研究のアウトカムは、

  •  鼻の症状
  •  鼻水の好中球・好酸球の割合
  •  QOLの変化
  •  鼻腔の細菌培養の変化

などをみています。

研究結果と考察

最終的に62人が解析の対象になり、31人が抗生剤 + 鼻洗いを、31人が鼻洗いのみの治療を受けました。

母集団の特徴ですが、

  •  平均5歳
  •  男女比はややばらつきあり
  •  アレルギー性鼻炎は、抗生剤ありのグループは48.4%、なしは22.6%
  •  喘息とアトピーはともに10%以下
  •  症状は10日ほどあった

となっています。
特にアレルギー性鼻炎の既往歴のばらつきが気になりました。

症状について

  1.  鼻汁
  2.  鼻閉
  3.  鼻のかゆみ
  4.  くしゃみ
  5.  顔の痛み
  6.  頭痛
  7.  せき
  8.  喉の痛み
  9.  発熱
  10.  倦怠感

という10の症状を0〜10点で評価し、足し算にしたNasal symptoms scoreですが、以下のようになりました。

抗生剤 あり なし
初日 56.96 59.70
初日 – 7日目 24.83 27.87
初日 – 14日目 39.51 40.87

鼻洗いに抗生剤を足しても、それほど変化がないのがわかります。

QOLについて

Pediatric Rhinoconjuctivitis QOL questionnaireという指標でQOLを評価しています。
難しい検査ではなく、鼻、目、その他の症状、活動制限などを0〜6点で採点してもらい、平均を記載したものです。

抗生剤 あり なし
初日 – 7日目 1.86 1.91
初日 – 14日目 1.49 1.52

初日との差を治療効果としてみていますが、あまり大きな変化はなさそうです。

つまり、鼻洗いに抗生剤を付け足してみても、QOLはあまり変わらなさそうな印象です。

鼻汁中の好酸球と好中球の%

アレルギー性鼻炎の既往にばらつきがあるためか、鼻汁中の好酸球数の割合はグループ間で異なりました。最終的な割合を計算すると、以下のようになりました。

抗生剤 あり なし
好中球 3.8% 6.0%
好酸球 1.6% 0.3%

著者らは差をとっていましたが、ベースラインが大きく異なるのと、%は0〜100までで限られているので、評価方法にやや疑問が残りました。

細菌培養の結果

14日後に細菌培養をとっていますが、両グループに大きな差はなさそうです

抗生剤 あり なし
肺炎球菌 0 3.2%
黄色ブドウ球菌 22.6% 25.8%
インフルエンザ桿菌
モラキセラ
溶連菌
0 0
培養されず 77.4% 71%

副作用の報告

抗生剤使用に伴う副作用として下痢があります。この頻度を比較しています。

抗生剤 あり なし
副作用あり 18
(58.1%)
8
(25.8%)
下痢あり 9
(29%)
1
(3.2%)
腹痛あり 5
(16.1%)
4
(12.9%)
嘔吐あり 2
(6%)
5
(16.1%)

やはり抗生剤を使用したグループの方が、下痢の頻度は多いですね。

考察と感想

今回の研究では、小児の副鼻腔炎の治療として、鼻洗いの抗生剤を追加しても、あまりメリットはなさそうで、むしろ下痢の副作用というデメリットが目立つ印象でした。

気になった点としては、ランダム化の時点でアレルギー性鼻炎に大きな偏りがある点ですね。どちらのグループも鼻洗いしているので、あまり影響はないのかもしれませんが、ベースラインの指標が両グループで異なっている項目が多い点が研究全体として気になりました。

この研究の懸念点としては、鼻洗いをどれだけ受け入れられるか、という別の問題もあるように思います。
エジプトやインドなどでは、割と日常的に行っている行為とはお聞きしたことがあるのですが、例えば日本ですと鼻洗いをする文化はないので、かなり抵抗感があるのではないでしょうか。

かくいう私も鼻洗いはここ5−6年は毎日のようにしていますし、すっきりして気持ちいいとすら感じているのですが、やったことがない人にすれば「痛くないの?」「怖い」などと言われることもあります。
真水で鼻を洗えば痛いですが、適切な濃度の生理食塩水なら全く痛みはありませんし、怖がる必要もないのですけどね。
プールなどで鼻に水が入り、痛い思いをした記憶が強いのでしょうか。

まとめ

今回の研究では、小児の急性副鼻腔炎に対し、鼻洗いに抗生剤を追加するメリットがあるのか検討をしています。
全体として、鼻洗いに抗生剤を追加しても、あまりメリットはなさそうで、むしろ、下痢を起こす可能性があります。

ただし、鼻洗いの実践に抵抗感がある方がいるのも、臨床医としては留意しておく必要があると思います。

 

created by Rinker
ハナクリーン
¥2,350
(2019/06/18 06:12:44時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ハナクリーン
¥821
(2019/06/18 06:12:45時点 Amazon調べ-詳細)

鼻洗いは毎日していますが、お出かけ用はこちら↑↑の商品を使用しています。

created by Rinker
ハナクリーン
¥5,370
(2019/06/18 06:12:45時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ハナクリーン
¥3,280
(2019/06/18 06:12:46時点 Amazon調べ-詳細)

自宅での鼻洗いはがっつりしたいので、こちらの商品↑↑を使用して、1日2−3回ほどに分けて鼻洗いをしています。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。