新型コロナウイルス

学校再開における新型コロナウイルスの二次感染は?[アメリカ編]

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の学校内感染が蔓延している地域において、対面授業を伴う学校内感染の頻度は不明である。
この論文が執筆された現在、全米の多くの学区では、2学期の対面授業を再開するかどうかを決定している過程にある。

著者らは、10 万人近くの生徒と職員が 9 週間にわたって対面授業を行った 11 の学区を調査し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の二次感染を追跡した。

その結果、各感染症例は、地域社会感染か校内感染かについて、地元の保健局によって独立して判定され、校内感染は極めてまれであることが分かった。

マミー
マミー
新型コロナは小児で重症化しにくいって聞いたのですが、学校の先生方や学校内での子供同士の感染は大丈夫でしょうか?

ユーキ先生
ユーキ先生
最近公表された研究があったと思います。

Dr.KID
Dr.KID
一緒に見てみましょう。

 

ポイント

  •  アメリカのノースカロライナ州で行われた研究
  •  8月中旬から対面授業を開始した学校もあった
  •  学校内での二次感染は非常に少なかった
  •  学校内で小児から成人に感染させた症例はなかった

   2021年1月に公表されたようです

学校再開における新型コロナウイルスの二次感染は?[アメリカ編]

研究の背景/目的

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の蔓延を緩和するため、ノースカロライナ州(NC)は2020年3月14日にK-12の公立学校を対面授業に閉鎖した。

2020年7月15日、ノースカロライナ州知事は、学校は遠隔教育で開校するか、対面授業と遠隔教育を組み合わせた「ハイブリッド」モデルで開校することができると発表した。

2020年8月、ノースカロライナ州の115校区のうち56校区がABC Science Collaborative(ABC)に参加し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染を防ぐ公衆衛生対策を実施し、学んだ教訓を共有した。

今回は、2020/21年度の学年度の、最初の9週間の対面指導の間に参加したNC学区内での新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の二次感染について記述する。

Dr.KID
Dr.KID
地域によって方針が異なるようですね。私が今いるロサンゼルスは、公立の学校は閉鎖されて、オンラインでの授業のみです。

研究の方法

2020年8月15日から2020年10月23日まで、ABCsに参加した56学区のうち11学区が第1四半期[全9週間]の対面授業を開始し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の発生率と二次感染を追跡することに同意した。

地元の保健局のスタッフが二次感染の判定を行った。スーパーディレクターは毎週ABCsの教員と会い、学んだことを共有し、予防法を開発しました。

Dr.KID
Dr.KID
アメリカの公立の学校は八月くらいからが新学期で、日本とは異なるようです。

研究の結果

9週間の間に、11の参加学区で9万人以上の生徒と職員が直接学校に通い、そのうち773人の市中における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染が分子検査(PCRなど)で確認された。

ノースカロライナ州保健局のスタッフは、接触者の追跡を通じて、さらに32人の感染者が学校内で感染したことを確認した。

学校内での新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の子供から大人への感染は報告されていない。

結論

NCの学校での最初の9週間の対面指導では、接触者の追跡によって確認された新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の学校内二次感染は極めて限られていた。

考察と感想

いろんな先生方がTwitterで呟かれていたので、読んでみました。さすが、皆様の感度は高く、いつも早いですね:

学校生活においても感染予防のための対策は徹底されていたようで、

  •  マスク着用
  •  昼食時は屋外でとるか、距離をとる
  •  食事のためマスクを外す前に。調理は完了しておく
  •  食事は15分以内
  •  食事中の会話は避ける

といった対策が徹底されていたようです。マスクがつけられない場合も、フェイスシールドなら大丈夫かなど検討もされていたようです。

Dr.KID
Dr.KID
想像するに、なかなか窮屈な学校生活を強いられてしまったようですね…

1箇所の学校では早期はマスク着用を義務付けなかったようですが、クラスターが発生して、方針が変更された旨も記載されていました。

まとめ

ノースカロライナ州(NC)の学校での最初の9週間の対面指導では、接触者の追跡によって確認された新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の学校内二次感染は極めて少なかった。

また、学校での小児から成人への二次感染は認められなかった。

 

新型コロナ関連の書籍↓↓

created by Rinker
¥1,672
(2021/04/16 17:07:52時点 Amazon調べ-詳細)

感染対策の書籍↓↓

created by Rinker
¥770
(2021/04/16 17:07:52時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2021/04/16 08:52:53時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。