止瀉薬

ロペラミドとRacecadotrilの比較 フランス編 | 成人の急性胃腸炎

前回に引き続き、ロペラミドとラセカドトリル(Racecadotril;別名 アセトルファン)を比較した研究を見つけましたので、そちらを報告させていただきます。

Acetorphan (Enkephalinase Inhibitor) とロペラミドの比較 | 急性胃腸炎急性胃腸炎の治療の基本は適切な栄養・水分摂取になりますが、近年は止瀉薬(下痢止め)が使用されていることがあります。 よく使用される止瀉...

ロペラミドは腸管にあるオピオイドμ受容体に結合し、蠕動を抑制する効果があります。下痢で蠕動が更新している場合に、そこを改善しようとするのが目的で使用されることがありますが、腸液や便が貯留してしまうことがあり、ひどい場合はイレウス(腸閉塞)のリスクにもなり得るので、特に小児科では使用するケースは少ないでしょう。

一方で、Racecadotrilは1990年代から徐々に臨床試験が行われていたようです。この薬のウリは、エンケファリナーゼという酵素を抑制し、腸からの過剰な腸液の分泌を抑制するのが目的なようです。つまり、蠕動を抑制することなく、下痢を和らげる効果が期待されているようです。

今回はこの2剤を比較するために、他施設合同で臨床試験が行われたと思います。

研究の方法

今回の研究は、フランスの34施設で

  •  18歳以上
  •  下痢開始後24時間以降、5日以内
  •  慢性疾患なし

を対象に、ランダム化比較試験が行われました。

治療について

治療は、

  •  ロペラミド
  • Racecadotril

のいずれかをランダムに割付け、7日間投与しています。

アウトカムについて

研究のアウトカムは、

  • 下痢の回数
  •  下痢の持続時間
  •  副作用

などをみています。

研究の結果と考察

最終的に157人の男女が研究対象となりました。

  •  平均40歳
  •  治療開始前の下痢:約2日
  •  下痢の回数:6回

でした。

アウトカムについて

アウトカムの比較は以下の通りとなります

  ロペラミド Racecadotril
下痢の回数 2.4
(0.4)
3.5
(0.5)
下痢の期間 13.7h
(2.2h)
14.9h
(2.0h)
有効性
(主治医の判断)
83.7% 82.2%

ロペラミドとRacecadorilは、ほぼ同等の効果があるのが分かります。

副作用の頻度について

副作用の頻度は以下の通りです

  ロペラミド Racecadotril
副作用 12% 7.4%
便秘 18.7% 9.8%
便秘の期間 1.6日
(0.1)
1.3日
(0.1)

下痢の後に逆に便秘になってしまうことがありますが(rebound constipationと英語で言うようです)、ロペラミドの方がこのリスクは二倍ほど高かったです。
便秘の期間はそれほど変わらなそうですね。

感想と考察

ここまでの結果を見ると、Racecadotrilはロペラミドと比較して、下痢の期間はほぼ同じくらいで、やや副作用の頻度が少ない傾向にあるような印象でした。

2019年時点では日本の小児では使用されていない薬で、臨床医としての実感がわからないのが少し残念です。
以前の記事でも書きましたが、小児の下痢にロペラミドを使用するケースはほとんどなく(私個人としては、ほぼ使用したことがないです)、主な理由は安全性に対する懸念でした。これに関する記事は、後日、ご紹介できればと思います。

あとは、コスト面でしょうか。アメリカやヨーロッパの資料を見るとそれほど高い薬ではなさそうですが、プロバイオティクスと比較して、あるいはそれに追加して費用に見合った効果があるのかは、ちょっと気になりますね。

まとめ

今回の成人を対象にした多施設ランダム化比較試験では、Racecadotrilは成人の下痢に対してロペラミドとほぼ同等の効果があり、副作用は少ない印象でした。

小児への有効性がどうかは、別の資料を探す必要がありそうです。

 

created by Rinker
ビオフェルミン
¥2,265
(2019/08/24 13:49:14時点 Amazon調べ-詳細)

成人ようになりますが、個人的に下痢を起こした時や、ちょっとお腹の調子が悪いとき、そうなりそうな時は、プロバイオティクス(ビオフェルミン)を内服しています。

created by Rinker
シャボネット
¥371
(2019/08/24 13:49:14時点 Amazon調べ-詳細)

感染症の予防には、まずは手指消毒が必要ですので、普段から心がけると良いでしょう。
一部のウイルスにはアルコール消毒が効かないものもいますので、注意は必要ですね。
汚物の処理は、次亜塩素酸を含む消毒液を使用すると良いでしょう。

created by Rinker
森友通商
¥498
(2019/08/24 13:49:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。