小児科

川崎病で治療抵抗性がハイリスクの患者にステロイドを追加するのは有益か?[日本編]

  •  川崎病にステロイドはNG

とまで言われていた時代がありました。

詳細は省略しますが、1980年代に行われた観察研究や症例集積などで、ステロイドを使用した場合の冠動脈病変が多かったのが影響しているようです。

2010年前後から、この流れが変わってきて、川崎病でもステロイドが使用されるようになってきました。この先駆けとなる研究を今回は紹介しようと思います。

ポイント

  •  2009年の日本からの報告
  •  川崎病のハイリスク患者に対して、アスピリン+IVIGに、ステロイドパルスを併用
  •  解熱する可能性は高まり、冠動脈病変のリスクも低下した
マミー
マミー
川崎病の治療ってなにがありますか?

Dr.KID
Dr.KID
過去の文献をみてみましょう。

 日本から報告された観察研究ですね

 研究の概要

背景:

川崎病 (KD) 患者の約15~20%は高用量のガンマグロブリン静注 (IVIG) に反応しないことがわかっています。

この論文の著者らは、以前にIVIGに反応性がない患者(=高リスクKD)を同定するための予測法を報告しています。
この、高リスクKD患者に対する初期治療として、高用量IVIGにステロイドパルス を併用した治療法(mPSL+IVIG) における安全性と有効性を検討しています。

方法

高リスクKD患者62人を2時間かけてメチルプレドニゾロンパルス療法(30 mg/kg)を行い、続いて24時間にわたりIVIG 2 g/kgで治療しました[mPSL+IVIGグループ]。

この研究を開始する前に参加病院でIVIG 2 g/kgのみで治療した32人の高リスク患者をコントロール群とし(IVIGグループ)、アウトカム比較しました。

高リスク患者は、 3つの予測因子(CRP > 7 mg/dL、総ビリルビン > 0.9 mg/dL、またはAST > 200 IU/L)の少なくとも2つが同定されています。

結果

患者の66% (95%信頼区間 [CI] 54~78%)はmPSL+IVIG群で迅速な解熱を示したが、 IVIG群では44% (95% CI 26~62%)であった (p=0.048) 。

冠動脈病変は、 mPSL+IVIGおよびIVIG群の患者のそれぞれ24.2% (95% CI 13.2~35.2%)および46.9% (95% CI 28.6~65.2%)で観察された (p=0.025) 。

結論

これは、 mPSL+IVIGが高リスクKD患者の一次治療として有効かつ安全であることを示す最初の報告である。

考察と感想

川崎病の急性期の治療の違いによる有効性の違いを検討しています。

標準治療はIVIG + アスピリンですが、治療抵抗性のありそうな患者に対して、初回からステロイドで炎症を抑えようという発想の研究ですね。

ここから、長いステロイドの旅が再開したようですね。

Dr.KID
Dr.KID
ステロイドには賛否両論あるようですけどね…。

あくまで前向きコホートで、コントロールは過去の治療患者のデータになります(こう考えると、両方向性のコホートとも言えそう…)。有効性を検証するには、RCTが必要ですね。

まとめ

川崎病の急性期に標準治療にステロイドを追加したところ、解熱する可能性が高まり、冠動脈病変のリスクも低下したようです。

あくまで観察研究ですので、RCTでの結果の検証も必要と思います。

 

created by Rinker
診断と治療社
¥3,080
(2020/09/20 07:16:38時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの書籍(医学書)

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

新刊(医学書):小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/09/20 06:03:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。