かぜ診療

【小児のかぜ】整腸剤と抗菌薬の科学的根拠について【系統的レビュー】

前回までに、メタ解析の結果を中心に、抗ヒスタミン薬、去痰薬、咳止め、ハチミツ、気管支拡張薬、解熱剤のの有効性を検証してきました。

今回は、

  • 整腸剤
  • 制吐剤
  • 抗生物質(抗菌薬)

について、簡単に説明していければと思います。

 

整腸剤について

整腸剤というと、

  • ラックビー®︎
  • ビオフェルミン®︎
  • ミヤBM®︎

などが該当します。

下痢が続いて病院に受診し、

「胃腸炎(おなかの風邪)ですので、整腸剤(お腹の調子を整える薬)を飲んで、様子をみましょう」

と説明を受けたことのある方も多いでしょう。

▪️ 整腸剤の有効性について

www.ncbi.nlm.nih.gov

こちらのシステマティックレビュー・メタ解析で、胃腸炎において整腸剤の有効性が検討されています。

小児の臨床研究は少ないことが多いのですが、今回は56もの研究が行われています。

結論をいうと、

  • 整腸剤は下痢の持続時間を約1日短くした

という結果でした。

 

▪️ 整腸剤は下痢の期間を短縮するかもしれない

胃腸炎の下痢は短くても数日、長いと数週間ほど続くことがあるので、整腸剤は「飲んだらすぐに良くなる」というわけではありません。

ですが、下痢の期間が1日短くなるのは大きいと思います。

また、下痢のときは、お尻の周りが荒れることがありますので、注意してくださいね。

www.dr-kid.net

 

抗菌薬(抗生物質)について

抗菌薬(抗生物質)は、その名の通り、細菌をやっつけるために作られたお薬です。

日本の小児での処方は好ましいものではなく、そのほとんどが第3世代のセフェム系(フロモックス、メイアクト、バナンなど)やマクロライド系(クラリス、ジスロマック)が乱用されています。

www.dr-kid.net

▪️ 抗菌薬の有効性について

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

こちらの研究では、かぜをひいた小児と成人を対象に、抗菌薬(抗生物質)の有効性を検討しています。結果ですが、

  • 抗菌薬を使用しても、かぜ症状の持続期間は変わらない
  • 抗菌薬を使用すると、副作用の症状が新たに出る

 となっています。

 

▪️ かぜに抗菌薬は必要ないですよ

 時々、

  • 「心配なので、抗菌薬をください」
  • 「悪化させたくないので、抗菌薬を処方してください」

 とお願いされることがあります。

しかし、そもそもかぜはウイルス感染が9割で、抗菌薬を使用してもよくなりません。

なぜなら、抗菌薬は細菌を殺すことはできても、ウイルスには全く無効だからです。 

 

抗菌薬を多用することで、思わぬ副作用にあったり、耐性菌をさらに増加させる恐れがあります。

 現に、日本ではマクロライド系の抗菌薬が乱用されたため、マイコプラズマの9割が耐性菌となった時期があります。

www.dr-kid.net

 抗菌薬は必要最小限の使用に抑えるほうが、賢明といえます。

まとめ

今回は整腸剤と抗菌薬のメタ解析の結果を簡単にレビューしてきました。

まとめると

  • 整腸剤は下痢の期間を1日くらい短縮する
  • かぜに抗菌薬は無効
  • 抗菌薬を使用すると、副作用や耐性菌を助長する

といえます。

次回は、これらの結果をうけて、かぜに必要な薬について、少し考えていこうと思います。 

 

www.dr-kid.net

 

▪️ あわせて読みたい

www.dr-kid.net