新型コロナウイルス

小児の新型コロナウイルスの重症化の危険因子は?[イタリア編]

こちらの研究は、イタリアの小児における新型コロナウイルスの疫学的および臨床的特徴を記述しています。

成人と比較して小児の新型コロナウイルスの頻度は低く、しばしば重症度も低い傾向にあります。その一方で、小児における重症化の危険因子に関するデータは限られています。

この研究では、イタリアにおける新型コロナウイルス感染症の小児において、成人および高齢患者と比較しています。

基礎疾患および低年齢は、小児における重症化の危険因子と示唆されています。

ポイント

  • イタリアにおいて、小児の新型コロナウイルス感染に関して行われた大規模な調

  • 重症化のリスクは2%前後、致死率は0.1%

  • 基礎疾患あり and/or 1歳未満だとリスクが上昇する傾向にあったようです。

     

マミー
マミー
小児の新型コロナの重症化はどういう人がなりますか?

Dr.KID
Dr.KID
過去の文献をみてみましょう。

Pediatricsからの報告です

 研究の概要

背景・目的:

イタリアにおける18歳未満の新型コロナウイルスの疫学的と臨床的特徴を記述すること。

方法

全国症例に基づくサーベイランスシステムを利用して、2020年5月8日までに確認された新型コロナウイルス感染症例のデータを分析した。

対象者を年齢群(0-1年、2-6年、7-12年、13-18年)に分けて、人口統計学的および臨床的特徴により要約し、重症化の危険因子をマルチレベルで多変量ロジスティック回帰モデルを用いて評価した。

さらに、小児、成人および高齢者間の比較を行った

結果:

小児 (N = 3,836) は全感染 (N = 216,305) の1.8%を占めた。
小児の感染例のおいて、年齢中央値は11歳、であり51.4%は男性だった。

13.3%は入院し、 5.4%は基礎疾患を有していた。

疾患は症例の32.4%で軽度であり、 4.3%で重度であった。
特に6歳以下の小児 (10.8%) で重度化しやすい傾向にあった。

入院患者511人中、 3.5%が集中治療室 (ICU) に入院し、 4人が死亡した。

重症化のリスク低下は、年齢の増加と関係した。一方で、リスク上昇は、基礎疾患と関係した(OR=2.80, 95% CI 1.74-4.48)。

入院率、 ICU入院、疾患重症度、症状発現から回復までの日数は、小児、成人、高齢者で年齢とともに増加傾向であった。

結論

これらのデータは、新型コロナウイルスの小児症例は成人よりも重症度が低いことを示唆している。

しかし、年齢が1歳以下、基礎疾患がある場合は、重症化のリスクが上昇するかもしれない。

小児において新型コロナウイルス感染に対する理解を深めることは、病因、実臨床および公衆衛生の政策に重要な考察となるでしょう。

感想と考察

本文を読んでいくと、家族内感染が多かった旨が記載されていました。ただ、詳細なデータはないです。

年齢別の感染者の内訳は、

  •  13-17歳:40.1%
  •  7-12歳: 28.9%
  •  2-6歳:17.2%
  •  0-1歳:13.8%

のようでした。

1歳未満、少なくとも1つの基礎疾患があると重症化のリスクが高まるようです。基礎疾患の定義がとても曖昧で、私としてはあまり腑に落ちなかったです。

Dr.KID
Dr.KID
Supplemental tableとかで、詳細を述べて欲しかったですね。。

細かい点ですが、この著者らはlogistic regressionで、referenceを0-1歳にしていますが、私なら13-17歳をreferenceにすると思います。理由としては、この年齢層のNが大きい、健常な若い成人に近く、リスクが低そうなグループで、dose-response relationshipもみやすいからです。

死亡例は0-1歳で2例、2-6歳で2例の合計4例のようです。3836人のうち4名ですので、致死率は0.1% [95%CI, 0.03%〜0.27%]となります。

まとめ

イタリアにおいて、小児の新型コロナウイルス感染に関して行われた大規模な調査です。

重症化のリスクは2%前後で、基礎疾患あり and/or 1歳未満だとリスクが上昇する傾向にあったようです。

 

第2回のアンケートが行われているようですね↓↓

 

Dr. KIDが執筆した医学書:

小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/10/26 06:18:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。