新型コロナウイルス

新型コロナウイルス流行時の身体的虐待は?[アメリカ編]

今回は、アメリカにおいて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック時に、小児病院にで検出される身体的虐待の量と重症度を見ています。

例年と比較してどうだったのでしょうか。

マミー
マミー
新型コロナが流行してから、保護者の間で不安が増加している気がするのですが、気のせいですか?

ユーキ先生
ユーキ先生
最近公表された研究があったと思います。

Dr.KID
Dr.KID
一緒に見てみましょう。

ポイント

  •  新型コロナウイルスの流行と虐待を調査
  •  子ども病院で検出される虐待の数はむしろ減っていた
  •  真の減少かは疑問が残り、解釈は慎重になる必要がある

   2021年3月に公表されたようです

新型コロナウイルス流行時の身体的虐待は?[アメリカ編]

研究の背景/目的

景気後退や自然災害は、子どもの身体的虐待(CPA)の増加と関連しています。

私たちの目的は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック時に、小児病院における身体的虐待の量と重症度を、例年と比較することでした。

研究の方法

Pediatric Health Information System(PHIS)(米国の52の小児病院の管理データベース)において、5歳以下の小児を対象とした救急科(ED)および入院患者を対象とした後向コホート研究を実施した。

全体的な傾向を把握するために、2020年1月1日から8月31日までの身体的虐待の受診量を、過去の同時期(2017年~2019年)の受診量と比較した。

また、COVID-19パンデミック期間(2020年3月16日~8月31日と定義)における身体的虐待の遭遇の重症度を、例年(2017年~2019年)の同時間枠と比較しました。

線形回帰モデルを用いて差の差分分析を行った。

評価したモデルは以下の通りである:

  1.  2020年3月とそれ以前の年を比較したパンデミック発症時のCPA遭遇量の差
  2.  2020年とそれ以前の年を比較した身体的虐待の変化率の差
Dr.KID
Dr.KID
いわゆる擬似実験のアプローチですね。

研究の結果

3月16日に対応する2020年第10週の小児病院におけるEDおよび入院患者の全原因、全体のエンカウント量に急激な減少が見られた。

2020年とそれ以前の年を比較しても、子どもの身体的虐待への遭遇の傾向の切片や傾きに有意差は見られませんでした。

重症度は例年と同様であり、頭部外傷を虐待した乳児の割合、1歳から5歳までの小児のICU使用率、または院内死亡率に有意差はありませんでした。

COVID-19のパンデミックでは乳児のICU利用が減少し、1~5歳児の受傷パターンに変化が見られました(骨折の割合が高い

結論

身体的虐待の真の減少を反映しているのかもしれませんが、その代わりに、身体的虐待を検出するためのインフラが損なわれているか、あるいはパンデミックの身体的虐待への影響が遅れていることを反映しているのかもしれません。

考察と感想

パンデミックによる学校閉鎖によって家庭にいる時間が長くなるため、身体的な虐待はいろんな学術団体や公的機関から懸念されています。

一方で、この研究ではそういった傾向がなく、著者らも説明ができない状態でした。

この著者らもdiscussionで見解を述べていますが、

  •  虐待は本当に減少した
  •  虐待を検出できていない
  •  この研究期間以降に増えたのかも

などが挙げられています。

研究はICD-10を中心に行われており、きちんと虐待が拾えていない懸念はあります。それと、虐待と認定されるには受診しないと行けなくて、単に受診控えが生じただけなのかもしれません。とすると、このデータをみて、安心するのは難しいようにも思います。

Dr.KID
Dr.KID
素直に安心できるデータではないのかも…

まとめ

この研究では、アメリカにおいて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック時に、小児病院にで検出される身体的虐待の量と重症度を見ています。

例年と比較して、検出量は減っていたようですが、本当に虐待の数が減っていたのかは、このデータでは不十分と考えられます。

 

新型コロナ関連の書籍↓↓

created by Rinker
¥990
(2021/06/14 00:36:13時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,672
(2021/06/14 20:33:12時点 Amazon調べ-詳細)

感染対策の書籍↓↓

created by Rinker
¥1,386
(2021/06/14 20:33:12時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2021/06/14 10:18:13時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。