ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記のブログ〜

こどもの猫背(後湾)が気になります

【スポンサーリンク】


f:id:Dr-KID:20180402030433p:plain

『こどもの姿勢が悪くて心配です』

と時々、外来で相談されます。

今回は、こどもの姿勢(特に猫背)について説明していきます。

 後弯 = 猫背(ねこぜ)

背骨が前後方向で過度に曲がっている状態を後弯(kyphosis)といいます。

後弯を平たくいうと猫背のことです。

f:id:Dr-KID:20180402030754p:plain

ヒトの背骨は正常でも緩やかなS字状ですが、後弯ではその曲がりがひどい場合をいいます。

後弯の原因について

後弯の原因は大きく3つに分かれて;

  • 先天性:生まれつき曲がっている
  • 姿勢による影響
  • Scheuermann (ショイエルマン)病

です。

▪️ 姿勢による後弯について

最も多いのが姿勢による後弯です。

これは背骨を真っ直ぐにして立たなかったり、前かがみで歩くのを続けることで起こります。

小児では、10代の女児に多く、その後も後弯が続いている方もいます。

▪️ Scheuermann (ショイエルマン)病について

Scheuermann病は、背骨の変形で起こります。

通常は背骨を横から見ると四角い形をしていますが、何らかの原因で前方がつぶれて台形になってしまった状態をScheuermann (ショイエルマン)病といいます。

 

症状について

症状も個人差があり;

  • 無症状
  • 猫背が気になる(見た目)
  • 肩こり、首がこる
  • 背中に痛みを感じる

などです。

検査について

身体診察(見た目)で判断可能です。

レントゲンを撮影して、実際にどの程度曲がっているか、背骨に異常がないかをみます。

治療について

治療は後弯の原因と、重症度によって異なります。

例えば、先天性の場合は手術が必要になるケースもあります。

▪️ 姿勢による後弯の場合

特別な治療が必要になるケースは少なく、ストレッチや背筋のトレーニングをして様子をみることが多いです。

▪️ Scheuermann病について

こちらもストレッチや背筋のトレーニングをします。

痛みが強ければ痛み止めをしたり、矯正ベルトを使用します。